1話「シールド精鋭チーム誕生」

この世界にはヒーローが至るところにいる。
カリフォルニア州イーストロサンゼルスである貧しい黒人親子がオモチャ屋の前にいた。
するとマンションの上階が突然爆発し親は子供を残し壁に手を突き刺し登り燃え盛る部屋から取り残された女性を救いだし女性を抱えたまま上階から飛び降りた。
それを見ていた1人の女性に男は顔を見られる。
その頃シールド・エージェントのグラント・ウォードはチタウリ襲来の時に残したとされる物を回収する任務を遂行していた。
ハッカーのライジング・タイドに場所を特定されるが任務を無事完了し帰還する。
終えたウォードはマリア・ヒルに回収品を渡すとライジング・タイドの話しやニューヨーク決戦での話しをする。
シールド機密事項アクセス権限レベル6のウォードは知らされてなかったレベル7の機密事項をマリア・ヒルに聞かされるとウォードの前にロキに殺されたはずのフィル・コールソンが現れる。
アベンジャーズを動かす為に死んだ事にしておく事でチームを結束させた事をウォードは知る。
実際ヒルは8秒ほど息がなくなったと言った。
アベンジャーズはレベル6の権限しかないのでコールソンが生きている事は知らされていなかった。
コールソンはICUから出たあとタヒチに送られてバカンスをしていた。
ライジング・タイドによって撮られた爆発事故に現れたヒーローが映像に流されているのを見ながらコールソン率いる精鋭チームを結成する事をウォードは聞かされる。
単独任務が向いていると拒むウォードだがヒルによる評価で格闘能力、諜報分野共にトップクラスの実力として適任される。
シールドのドクターが精鋭チームの身体状況を報告しに来るとコールソンにもう少し休んではと言うが大丈夫だといいタヒチは魔法の国だ君も行ってきたらどうだと言い去る。
ヒルとドクターにはコールソンの身に起きた事を伝えていない秘密があった。
その頃事故現場にいた女性はヒーローの男性に接触し話す。
女性はスカイと名乗りシールドが危険だと言い自分がヒーローだと公表するべきだと勧めるが乗り気じゃない男は拒む。
スカイはコンピューターの天才と言いもし気が変わったら自分の元に来るよう言うと男の免許証を盗み男の名前がマイク・ピーターソンだと知る。
シールドではコールソンが1人の事務をしている女性メリンダ・メイに輸送と管理担当としてチームに誘う。
ヘリキャリア以前に使われていたシールドの巨大な飛行機(バス)にウォードが乗り込むと兵器科学の精鋭レオ・フィッツと生命科学の精鋭ジェマ・シモンズと会う。
そこへ愛車のローラに乗ったコールソンが到着する。
ウォードとコールソンの元にライジング・タイドの跡を追う為メリンダが離陸を伝えに来る。
ライジング・タイドのスカイはシールドに挑戦的な発言を車で言っていると突然ドアが開きコールソンが現れ捕まる。
スカイは尋問室に入れられ調べているとスカイからムカデの存在を知らされる。
一方メイとフィッツとシモンズは事故現場を調べていた。
フィッツのサーチドローンによって監視カメラが発見される。
スカイに吐かせる為強力な自白剤を用いようとするがコールソンが何故かウォードに打つとスカイにウォードに質問するよう2人を残し尋問室を去る。
マイクは工場で働く為工場主任に雇って欲しいとお願いするが断られ怒ったマイクは重症を負わせてしまう。
その映像をコールソンがスカイに見せ協力するようお願いしマイクの情報を解析する。
マイクは救い出した女性の元に病院を訪れると2人はムカデの研究者と被験者の関係だった。
現場の映像と音声を分析した結果腕についたムカデはアースキン博士と同じ超人血清とガンマ線が含まれており爆発の原因が被験者だとわかるとエクストリミスの新型だとわかる。
スカイの車にいたメイは急に現れたマイクにより投げ飛ばされマイクは子供を連れスカイに車を出すよう伝える。
マイクの爆発を止める為フィッツとシモンズは解決作を考えているとスカイから座標が送られてくる。
コールソンとウォードは座標の駅に向かいコールソンが直接話し掛けるも逃走する。
そこへムカデ研究者の女と警官に成り済まし暴走したマイクを処分しよう暗殺者が現れる。
子供を保護しマイクは暗殺者に撃たれ駅の上からホールに落ちてしまう。
駆けつけたメイによって暗殺者は倒され落ちたマイクは爆発寸前になっていた。
コールソンが1人マイクに歩み寄り銃を床に置くと説得しマイクが応えると遅れて爆発を抑える薬を開発したフィッツとシモンズがウォードに渡し狙撃して投与した。
マイクの子供を母親に預けコールソンとスカイはムカデの頭を潰す事を決意する。
そこにウォードから通信が入り084の情報が入る。
スカイと愛車ローラに乗るとコールソンがチームに加わるかとスカイに話す。
愛車ローラを空中飛行モードに切り替え10分で返事しろ言うとコールソンはバスに戻るのだった。

スポンサーリンク


感想
最初に死んだはずのフィル・コールソンが現れた時はびっくりしましたね。
同時にコールソンが復活してくれて嬉しかったです。
アイアンマンやキャプテン・アメリカやハルク等の超人血清やエクストリミス、ガンマ線何かも絡んでくるので映画を見ている人はより一層楽しめます。
ムカデによって超人となったマイクのアクションも迫力がありコールソン率いる個性あるチームの活躍もおもしろいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください