ワイルド・スピード「スーパーコンボ」公開2日目見てきました!

ワイルド・スピードの最新作が遂に公開されました。

劇場も結構賑わってましたね。

さてグッズコーナーに行くとステッカーや下敷き等がありましたが今回はパンフレットだけ購入しました。

表紙は今回の主要キャラが載ってるクールなデザインですね。

さて映画の感想は凄い楽しめました!

まず今回のメインはショウとホブスで自分の中でも両方好きなキャラなので楽しめました。

後はショウの妹のハッティも魅力的で良いアクションを見せてくれました。

悪役のブリクストンも超人的な身体能力でド派手なアクションを披露します。

この4人のカーアクションや格闘シーンが今作の見所と言えるでしょう!

後はホブスとショウとハッティの絡み何かも楽しかったです。

ちょっとワイスピから外れた作品ですけど十分に楽しめる作品になっているので見てない方は劇場で見る事をオススメします。

スパイダーマン「フォー・フロム・ホーム」公開2日目見てきました!

アベンジャーズ「エンドゲーム」が終わり次のフェーズへの新たな始まりが来ましたね!

朝から見に行ってきたのですがアベンジャーズの時ほど劇場に人はいなかったですね。

グッズコーナーに向かうも今回はパンフレットだけ購入しました!

特別版と通常版があって両方購入しました!

左が特別版で右が通常版となっていて何が違うのかと言うと特別版は表紙にカバーが付いているのとコンセプトアートが数ページ追加されています。

どちらも良いデザインなので両方購入するのをオススメします!

さて映画の感想はと言うと凄く良かったですね!

簡単に言うと全てがフェイクだったという所ですかね笑

ストーリーはエンドゲームの後の話しでアイアンマンが亡くなりトニーとの信頼関係にあったピーターがさらにアイアンマンの意志を受け継ぎまた一歩成長する様子が感じとれる作品でしたね。

敵として出てくるエレメンタルズやミステリオとの共闘等見所は多々あったけど幻と笑

まあ原作知ってる人ならミステリオの事は分かってると思いますけどね笑

今回のミステリオの表現の仕方は個人的に自分は良かったと思います。

あとはピーターとメリージェーンとの恋だったりクラスメイトとの絡みだったり楽しい所も多かったので全体的にまとまった内容でした!

さらにはアイアンマンのテーマ曲にのりながらピーターがスーツを調整しているシーンが好印象でした。

エンドロール後も次作に繋がる要素豊富なシーンが多々流れるので見逃し厳禁ですよ!

ピーターのさらなる成長を是非劇場で楽しんで下さい!

ゴジラ「キング・オブ・モンスターズ」公開初日見てきました!

5月31日金曜日はゴジラ「キング・オブ・モンスターズ」の公開日です!

仕事と動画を済ませ夜に劇場に行ってまいりました!

流石はゴジラ!って思う位レイトショーなのに満員でした笑

さあお馴染みのグッズコーナーにGo!

パンフレットが特別版と通常版があったのとメダル、コースター、ステンレスカップ、キーホルダー、アクリルスタンド、クリアファイル、下敷き、その他多数ありました!

自分はパンフレット2種類、メダル、ステンレスカップ、コースター、下敷きを購入しました!

パンフレットは左が特別版で右が通常版で特別版は表面がカバーで覆われててゴジラの壁画の金箔押しが描かれていて怪獣のコンセプト・アートが12ページ入った仕様になっています。


下敷きは4体の怪獣が描かれています。

メダルは左がキング・オブ・モンスターズので右はゴジラ生誕65周年のメダルです。

ステンレスカップはゴジラがでかく描かれていてあとの3体の怪獣が小さく裏に描かれていてコースターは枠がメタルになっています。

さて映画の感想は迫力が前作よりもさらにアップで見応えありの面白さでした。

ストーリーを簡単に説明すると2014年にゴジラの犠牲になった家族が1人の子供を亡くし母親が怪獣を操るような機械開発して使っていく内に取り返しの付かない事になり最後はゴジラ頼みになるという物です。

ちなみに今回登場するモンスターはゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ、あと何体か名前の分からない怪獣も登場します。

前作より多数の怪獣が現れるので遥かにボリュームが増しているので楽しいですね。

でも一番はキングギドラですかね。

体格でいうとゴジラよりでかくて羽広げると正に怪獣のキング頂点にいるような神々しさも感じなれました。

あとは映像がモスラが超キレイでラドンとかも迫力ある飛行戦を繰り広げます。

もちろん怪獣だけじゃなく人間の方も活躍しております。

芹沢博士こと渡辺さんもしっかり今回の作品で重要な任務を果たしました!

ただ最後はゴジラ対キングギドラで大迫力のバトルを繰り広げるので一番の見せ場ではないでしょうかね。

エンドロール後も映像があるので最後まで見逃し禁止ですよ。

自分が後に登場してきそうな怪獣を予想するとメカキングギドラ、デストロイヤー等が来る気がします。

一応次はゴジラ対キングコングなので次も楽しみですね。

まだ見てない方も怪獣達の大乱闘と芹沢博士の勇姿を是非劇場で見てみて下さい。

アベンジャーズ「エンドゲーム」公開初日見てきました!

今日4月26日はアベンジャーズエンドゲームの公開日です!

仕事終わって動画録ってからすぐに劇場に行きました!

劇場に着くと人がいっぱいで席も満席状態!笑

さすが最後のアベンジャーズなだけはある!

とりあえずグッズコーナーに行くと沢山あって選ぶのに時間がかかった笑

パンフレット2種とピンバッジセットと3Dポスターとミニクリアファイルセットを購入しました。

パンフレットは通常版と特別版があってまずは通常版は表面がきらめきがある仕様です。

裏はアベンジャーズのAが載ってるデザインです。

特別版はきらめきの無い通常版と同様の表紙に外装がついてる仕様で中身もキャラアートとおまけにシールが付いています。

お次はピンバッジセットで前のインフィニティ・ウォーの時にも買ったので記念に買いました。

3Dポスターは何か格好良くて欲しくなるんですよね笑

あとはミニクリアファイルで3種類あるなかアイアンマンとサノスとハルクとホークアイセットを購入しました!

そして入場特典のクーナッツをゲットしました!

さて映画の感想はギャグ要素満載のアクション要素満載の面白い作品でした。

まず始めはシリアスな感じで始まるがサノスとの出来事が終わるとギャグ要素の強い映画に早変わりします笑

特にソーの扱いがギャグそのもので前までのシリアスさは一切無くなります笑

そして最後はまたシリアスになり終わるって感じですかね。

シリアスからギャグからシリアスって感じの展開でした。

ちなみにアクションは相当良くて最後のサノスとの戦いは感動した!

特に注目すべきはキャプテン・アメリカ!

言えませんが何といってもソーのあれを使ってのシーンは格好良かった!

そしてサノスも格好良かった!

武器を持っての攻撃やパワフルなアクションはどれをとっても言う事なしの出来でした。

最後はトニーの決死の行動とキャプテン・アメリカの最後がとても印象に残り良い終わり方をしました!

皆さんもアベンジャーズの最後の決戦を是非劇場で楽しんで下さい!

シャザム公開2日目見てきました!

逆コナンと言われているシャザム見てきました。

シャザムというけど本当は原作ではキャプテン・マーベルという名前なんだよね笑

ウィズコミックスから出たキャプテン・マーベルはDCのスーパーマンのコピー作品として訴えられており後にDCが版権を持ちます。

ただマーベルコミックがのマーベルを商標登録した為にキャプテン・マーベルの使用をやめてシャザムに名前を変えたという話しです。

ちなみにSHAZAMは古代の神々や英雄の名前の頭文字を繋げたものでソロモン、ヘラクレス、アトラス、ゼウス、アキレス、マーキュリーです。

とりあえずシャザムの紹介はその辺として劇場グッズだ!

あんまりなかったです笑

あったのはパンフレットと下敷きとファイルでパンフレットだけ購入しました。

表はシャザムが載ってるデザインで裏はシンボルマークの稲妻でした。

さて映画の感想はおもしろかったですね。

大人の姿でも子供なので何をするにも新鮮で大はしゃぎしたり調子に乗ってしまって失敗したり終始楽しい事が起こります。

戦闘やアクションは申し分ない位スーパーマンでした笑

ただし目からビームは出ませんけどね笑

ヴィランのサデウス・シヴァナもかなり強くて良い感じでしたね。

あとは主人公ビリーの家族事情や仲間との絆も見所ですかね。

最後やエンドロール後にはスーパーマンやアクアマン等の絡みネタもあるのでお見逃しなく!

とりあえず楽しい映画なので是非劇場で見て下さい!

キャプテン・マーベル公開2日目見てきました!

今日は待ちに待ったキャプテン・マーベルを見てきました!

劇場はそこそこ賑わってましたね!

グッズコーナーに行くと1コーナーにキャプテン・マーベルグッズがあってアクリル系のグッズとステッカー、クリアファイル、下敷き、メダルキーホルダー、メモ帳等がありました。

自分が購入したのはパンフレット、ミニクリアファイルセット、下敷き、メダルキーホルダーです。

まずはパンフレットからキャプテン・マーベルことキャロル・ダンバースが堂々と載ってて良いですね。

次はメタルキーホルダーでキャプテン・マーベルのロゴがメダル状になったキーホルダーでつい手にとってしまいました笑

下敷きもキャロルが載ってるデザインです。

ミニクリアファイルは三種類のデザインが入っていてキャロルとフューリーとスター・フォースです。

さて映画の感想はいつも通り面白いです!

昔のフューリーとコールソンを見れるのは良かったです。

コールソンの出番はそんなになかったですけどアベンジャーズ以来の映画出演で嬉しかったです。

まあ自分はドラマのエージェントオブシールドで沢山見てますけどね笑

そこよりもフューリーの違った一面が見れた所が良かった!

現代のフューリーはシリアスなイメージが強かったけど昔のフューリーは穏やかで陽気な人で良い味だしてました。

ブリー・ラーソン演じるキャロルもかなり良かったです。

何処が良かと言うと可愛いとキレイの間で尚且つアクションも華麗にこなして格好良かった!

あとはネコのグースも良い役割があってというかネコではなかったけど笑

スター・フォースの面々も各々使う武器が違っていてアクションが楽しかったし敵ではなかったんだけどスクラルも色んな人に変身するのも楽しかったです。

過去の記憶で敵だった相手と味方だと思っていた相手が変わっていくストーリーも面白かったです。

キャロルとフューリーの仲良さそうなシーンと絆みたいな物が自分の中では凄く良かった。

ただなんだかんだで一番思ったのは覚醒したキャロルが滅茶苦茶強いって事でした笑

エンドロール後は前のインフィニティ・ウォーでフューリーがキャロルにSOS送ったデバイスで現代のキャロルがチームの前に現れるって所で終わりましたね。

4月26日のエンドゲームが早く見たくてしょうがなくなる作品でした。

皆さんも最強のヒーロー!キャロル・ダンバースの力!魅力!是非劇場で見て下さい!

スパイダーマン:スパイダーバース公開2日目見てきました!

スパイダーマンのアニメーション作品となるスパイダーマン:バースを今日3月9日に来てきました。

あまりアニメーション作品のスパイダーマンは見た事が無かったんですが、どのような楽しい作品なのか気になっていました。

劇場に行くと結構人がいて賑わってました。

さてグッズコーナーに行くと1コーナーにスパイダーマン:スパイダーバースのグッズがありましたがアクリルスタンドとかステッカーが多くて気になる物が無かったのでパンフレットだけ購入しました。

表紙は今回の主人公である新たなスパイダーマンのマイルズが載っています。

裏はスプレーで描かれたスパイダーマンの模様でした。

入場したら特典としてマイルズとピーターのポストカード貰いました。

さて映画の感想は実写の方が好みだけど自分の中では面白い作品だったと思いました。

まず最初に思った事は面白さよりオレシャレでカッコいい作品だと思いました。

絵が特徴的でキレイで曲との相性も良くシャレてる感じですかね。

その上ストーリーのテンポも良くて良かったと思います。

ストーリーの内容を簡単に言うと敵の親玉のキングピンが別次元にいる妻と息子に会う為に超危険な時空の扉を開く装置を作って作動させスパイダーマンが阻止しようとするも失敗し亡くなります。

そしてその前にスーパースパイダーに噛まれたマイルズがたまたま出くわし阻止するのを託されます。。

そして、時空が一度開いた事により別次元から色んなスパイダーマンがマイルズの世界に飛ばされ一緒に協力してキングピンを止めるって話しです。

ストーリーもわかり易く別次元のダメなピーター・パーカーやスパイダーウーマンのグウェンや他にも3人程現れ色んなスパイダーマンが見れるのでそこも面白いさの一つでした。

アクションもスピーディーで迫力ある仕上がりになっているのでそこも注目です。

マルチバースのスパイダーマンが手を取り合って悪を倒す今までに見た事ない作品なので是非皆さんも劇場で楽しんで下さい。

アリータ:バトル・エンジェル公開2日目見てきました!

2月22日に公開したアリータ:バトル・エンジェルを土曜日に見てきました!

今回のアリータ:バトル・エンジェルは日本のSFコミック銃夢を映像化したもので正直自分は原作見た事ないですけど何か惹かれる物がありました!

予告だけでも面白さが伝わってきたし自分はアクション・SFが好きってのもあって絶対に見ようと思ってました。

劇場に行ってグッズコーナー行ってもグッズ売ってなかったです笑

パンフレットは売っていたので購入しました!


表紙はポスターと同じような仕様で裏は空中都市ザレムでした。

映画の感想は流石ジェームズ・キャメロン監督!っと思ってしまう程完成度は高くストーリーやアクションも申し分ない出来でした。

初め予告で見るアリータは目がでかくて違和感がある感じでしたけど映画を見るにつれて慣れてきて全く違和感なくて良かったです。

目がでかくなかったのは日本のアニメを忠実に再現する事と目が心の窓というジェームズ・キャメロン監督のこだわりで結果自分は良かったと思います。

あとアリータを演じたロサ・サラザールも目が大きめでCGは使ってますけど何となく似てる気がしました。

アリータ:バトル・エンジェルってタイトル通りバトルが最高にクールでかっこ良く尚且つ顔が可愛く見えてきて格好可愛いような感じですかね。

アリータ独特な魅力が発揮されるような気がしました。

上映時間は2時間22分もあるのに、あっという間に終わったと感じてしまいました。

楽しい事は直ぐに時間が経つと言うけど、正にそれでしたね笑

ただ自分は今回で完結する物だと思って見ていたので途中で終わってしまい、えっ!終わんの?って心の中で思ってました笑

あんまり下調べせずに見に行ったので変な所で驚きました笑

だが楽しみがまた増えたので次回作が待ち遠しいです。

自分は原作を見てなくてもかなり楽しめたんですが原作のコミックも読んで見たくなりました。

皆さんも是非日本が誇るSFコミックが最高でクールに進化した映像作品を堪能してください!

アクアマン公開2日目見てきました!

公開はアクアマン2月8日金曜だったのですが今日土曜日に見に行ってきました。

土曜だったけどそこまで人はいなかったですね。

グッズコーナーに行くとマグカップ、パンフレット、クリアファイル、下敷き、ステッカー、ペーパーナイフ、キーホルダーがありました。

まあいつも通りのラインナップですけどね笑

とりあえずトライデント型ペーパーナイフが気に入ったので購入してパンフレットももちろん!

あと映画見た後に下敷きとクリアファイルも購入してしまいました笑

何故かと言うと映画が面白かったのと感動して何故か欲しくなってしまったという笑

それぐらい今回のアクアマンは完成度が高かったです。

とりあえずパンフレットから紹介します。

表紙はアクアマンが堂々と載っててカッコいいです。

ペーパーナイフはトライデント型という事で気に入っています。

前のバットラング型ペーパーナイフに次いで2個目ですね笑

次は下敷きこれもアクアマンが載っておる。

次がクリアファイルで2種類あったけど下敷きと同じのにしました。

映画の感想は凄く面白かった!

物凄くストーリーの展開と内容が良くて感動もあり、アクションも申し分ないという自分の中では今までのシリーズの中で一番と言って良い程の出来だった!

まずジェイソン・モモア演じるアーサー(アクアマン)がワイルドでカッコいい、アンバー・ハード演じるメラがカッコ可愛い、パトリック・ウィルソン演じるオーム(オーシャンマスター)が気品があってカッコいい、ニコール・キッドマン演じる王女アトランナ(母)とトーマス(父)との感動、復讐に燃えるブラックマンタの登場と色々と良い!!!笑

まず海の底にある都市が神秘的でキレイでまるで宇宙都市のような感じで良かったし海中での戦闘シーンも海の生き物も合わせての戦闘だから今までのシリーズにない大規模なバトルで楽しい!!!

そしてアーサーが王となるまでのストーリー展開が良く最後の伝説のトライデントを持った瞬間心が震えた笑 そしてアーサーの快進撃!!!

オームとアーサーの対決!

さらにそこで昔バルコ(アトランティスの参謀でアーサーに色々教えた人)に教わった技を繰り出し見事な勝利を納める!

最高ですな!!!

最後は感動もあり次回の伏線もありと最後まで十分過ぎる程楽しませて貰いました!

皆さんも海の王アーサー・カリー誕生の話、王になるまでの激闘、父と母の絆を劇場で是非見てください!!!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生公開2日目見てきました!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生が23日公開になりましたね。
自分は今日は24日の昼から見てきました!
劇場は公開2日目なだけあって賑わってました。
そしてグッズコーナーに行く!
前回の魔法使いの旅のパンフレットも置いてあったしクリアファイルが6種類位と色んなグッズが置いてあったけどパンフレットだけ購入しました。
前作の魔法使いの旅のパンフレットは買ってなかったので今回のと一緒に購入しました。

これは前の魔法使いの旅のパンフレットです。

前回の表紙とは違ってクールなデザインですね。

それとシネマイレージカードに数量限定デザインとして黒い魔法使いの誕生バージョンがあったので購入しました。
あとは前売り券の第2弾特典のニフラーふわふわコインポーチも貰ってました。
さて映画の感想ですけど全体的に面白かったけど所どころカメラ位置が気になってしまった。
最初とかカメラ近すぎないかと思う位喋る人に寄っていたのが気になりました。
そこだけだったかもしれないけど笑
ただ自分は前作の方が作品としては良かったような気がしたんですよね。
あのニュート、ティナ、クイニー、ジェイコブの4人の絡みが好きでした。
クイニーのキュートさとジェイコブの人の良さが特に見ていて良かったけど今回は逆で皆バラバラな感じだった!というかバラバラだった!
前の作品はほのぼのとしていたが今回はちょっとシリアスな感じになっていました。
グリンデルバルドが捕らえられていたが脱走から一気にシリアスな感じになっちゃいましたね。
クリーデンスも生きていたし。
ただ若い時のダンブルドアが出て来てホグワーツも登場とハリーポッター要素を随所に挟み込んでいたのは良かったですね。
魔法によるアクションも楽しかったし新たな魔法動物も登場し活躍するのは良かったです。
ただ最後はちょっと残念な事があるんだよな~。
そしてグリンデルバルドの魔術とニュートらとの防衛術は迫力がありました。
ダンブルドアとグリンデルバルドとの決闘が今後進展していくんだなという所で終わりでしたね。
残念な所もあったけどハリーポッターシリーズは何だかんだ楽しい作品ですね。
皆さんも是非劇場で魔法の世界を楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク