16話「始まりの終わり」

オーストラリアのシドニーでジョン・ギャレットがアントワーン・トリプレット(トリップ)と隠れ家に入った。
ギャレットがトリップにコールソンに連絡するよう話す。
ギャレットはインデックスにクレアボヤントがいるのではないかと思っていた。
話しているとエリア3に侵入者として警報がなる。
ドアを開け入って来たのはマイク・ピーターソンだった。
2人は備えられていた銃を持ちマイクに発砲するが全身が改造されたマイクには銃は効かずトリップは電気を放電する弾の入った銃で撃つとマイクは苦しみながら膝をついた。
チャンスと見てギャレットはアイサーを使えと指示しトリップが頭に撃つが効かなかった。
マイクは体に刺さった電気を放電する弾を取り天井を突き破り逃げた。
その頃シールドの大型飛行機(バス)はある空母に着陸した。
着くとフィル・コールソンが出迎える中ビクトリア・ハンド、フィリックス・ブレイク、ジャスパー・シットウェル、ギャレット、トリップがバスに乗り込んだ。
離陸後コールソンとグラント・ウォードも会議に参加しメリンダ・メイが巡航高度を飛行中として北極上空にいると皆に話す。
するとギャレットが用心の為として話し始める。
クレアボヤントの透視能力を避ける為出来るだけ離れた事を説明し本題に入る。
マイクに襲われた話をしているとギャレットはクレアボヤントの候補を13人に絞り込んだと言い始めた。
インデックスの不適格者を洗い査定で能力を確認できなかった連中がいたと話す。
コールソンは可能性は高いと話すとハンドはどう対処するのと聞くと情報の分割化だとギャレットが話す。
コールソンは情報の収集や分析が得意な部下がいる言い候補者の居場所を特定して各担当のみに伝えると話す。
全体の情報を把握するのは彼女だけとして提案した。
下ではスカイがジェマ・シモンズにまた採血されていた。
レオ・フィッツも異常な回復に研究は必要だとシモンズに肩入れしていた。
シモンズはスカイからもコールソンに言って欲しいと言うとスカイは内密にするべきと答えた。
するとウォードが来てスカイが呼び出される。
スカイはさらに情報を分けたらいいと担当を2人にするよう提案する。
1人は居場所でもう1人には身元を教え現場に着くまで全体像がつかめないようにすると話す。
ギャレットがいい考えだと誉めるがスカイはリストを見ようにも権限がないと言うとコールソンがシールドにようこそ!とシールドのバッチを渡す。
はれてシールドのエージェントになったスカイは皆からおめでとうと言われ喜んだ。
マイクは自分の顔を鏡で見ていると急にドアがノックされ目には贈り物をしてやろうと表示された。
箱には腕のパーツが入っており腕に装着すると展開し苦痛に耐えながらも徐々に全身が改造されていく。
目には連中が来る我々も会う時期だとして表示された。
シットウェルはコールソンに応援なしで敵陣に乗り込めというのかと話しているとハンドから本部から命令で至急レムリア・スター号へ向かうよう伝えられる。
ハンドはハブに戻り機動部隊を指揮するとして戻った。
尋問室ではスカイがギャレットにクレアボヤント候補の居場所を送る電話を渡して説明していた。
挨拶がまだだったなとしてギャレットはスカイと握手をかわす。
ウォードを鍛えたギャレットの事をスカイは誉めるとウォードの話しになり以前とは変わったと話し始めた。
特殊工作員は孤独だチームに入って何かを守る為に戦う事を覚えたと話した。
去り際にスカイに俺たちはエージェント同士だから敬語はやめろと注意した。
研究室ではフィッツが受信機を仕込んだ標識弾をメイに説明していた。
そこへスカイの血液の話しをしながらシモンズが入ってくるとメイにスカイの血液を調べている事が知られる。
するとメイは何かわかったら協力するからまず私に話してと言った。
尋問室ではコールソンに同じくスカイは電話を渡し説明していた。
コールソンはスカイの不安がっている様子を見て自信を持てと励まし出ていった。
英国ミルトン・キーンズ刑務所にいたウォードとトリップは話しながら歩いていた。
陽気に話すトリップにウォードはスカイが殺されかけたんだぞとトリップに注意するがD・モンローという相棒が殺された事をトリップが話しクレアボヤントは許さないと話した。
ウォードは怒るのは分かるが処刑じゃないと言うとスカイが死んでいたら同じ事が言えるかとトリップは話した。
そうこうしていると電話に終身刑で服役中の連続殺人犯の男32歳で元軍人のE・フォーダムの情報が送られて来た。
一方メイとブレイクはジョージア州メイコンの介護ハウスに来ていた。
インディアナ州マンシーにはコールソンとギャレットが来ていた。
電話に19歳の大学生のノリコ・サトウの情報が送られてきた。
ギャレットは覚えていると話しIQ200超の学生だったと俺達を翻弄したが特殊能力はなかったと話す。
すると道が工場で回り道をしなければならなくなった。
メイとブレイクにも衝突事故で負傷し4年間寝たきりのトーマス・ナッシュの情報が送られてきた。
メイは施設長室へ行きブレイクに部屋を探すよう言うと分かれた。
ウォードとトリップが刑務所に入るが看守が誰もいない事に妙な気配を感じていた。
回り道をしていたコールソンとギャレットは道の出口を車で塞がれ後ろからも車がきて囲まれた。
介護ハウスではブレイクが呼び鈴を鳴らすと後ろから急にマイクが現れ壁に投げ飛ばされる。
ブレイクは銃をとっさに発砲し隠れながら撃つもマイクには効かず首を掴まれ持ち上げられる。
ブレイクはマイクにやめるんだ君にはエースがいるだろと説得するもマイクは死んだと言いながら地面に叩き付け足で踏みつけた。
メイはそれを発見しすぐにハブに応援を要請した。
他の班にも伝えられすぐに持ち場を離れた。
メイは銃を発砲するがマイクには効かずマイクは腕のミサイルを撃ちその場を立ち去った。
ハブに戻った皆は危篤状態のブレイクを送りナッシュが被疑者だとして出動準備をした。
ハンドはこれ以上犠牲が出る前にデスロックについて知りたいとシモンズと話したいと言った。
シモンズは最新鋭の設備でスカイの血液を調べられるとフィッツに話しハブに行くのを喜んだ。
フィッツは置いてけぼりにされるのを不服に思いながらいるとそこへトリップが来てシモンズに一緒に行くかと言い2人は向かった。
研究室ではコールソンとスカイとメイがナッシュについての情報を見ていた。
6年前シールドの監視下に入った債権トレーダーとしてカナダで成功後デパートメントH系の計画に参加していた。
人間の行動を操れると本人が主張したらしい。
操れたという記録はないが時々予測は出来たらしいが事故後インデックスから削除された。
だが回復し嘘をつきシールドから逃れていたと考えた。
コールソンはブレイクの銃のマガジンを見てメイに何発撃った?と再度聞くと銃声は6回聞こえたとメイが話す。
コールソンは5発しか減ってない事に気付き1発はフィッツの標識弾だった事が分かった。
コールソンはすぐにスカイに衛星で探すよう指示しメイも離陸に向かった。
コールソンはマガジンを見ながらお見事ブレイクと称えた。
フロリダ州ペンサコーラにマイクがいることが分かり現場に着いた一同は機動部隊と共に中に入りフィッツは追跡装置を起動させスカイはマイクを発見するがマルチスペクトルを使うと言い見ると足や目だけが機械じゃなくて全身が機械となっている事に気付く。
ウォードが先行して向かうとマイクが腕のミサイルを展開しているのに気付き機動部隊に呼び掛けるも吹き飛ばされてしまう。
ウォードは急かさず銃で撃つも効かずにマイクはまた姿を消した。
向かった先でメイが発見するがマイクは高所から飛び降り地下へ向かった。
コールソンは1人向かうとギャレットと八会う。
マイクは下水道に逃げたがまだ誰かいる事に気付く。
するとそこにはモニターが沢山ある部屋でナッシュが座っていた。
ナッシュはコールソンに挑発的な事を言い続けさらにスカイの事も話し始めていると突如銃声が鳴りウォードを見るとナッシュに向けて銃を発砲した。
コールソンは何をしている?とウォードの行動に驚きナッシュは死亡した。
ギャレットが特殊工作員は非情に徹すると言うがコールソンは分かっているがあんな行動をとると思わなかったとして話した。
ギャレットはデスロックを追うとしてコールソンと分かれた。
メイが長官が戻りトリスケリオンにいる事をコールソンに話すと待ちわびたと言い話が山程あるとして意気込んだ。
尋問室にいたウォードの元にスカイが現れ何故なの?と聞くとキレたと話す。
任務は逮捕で処刑じゃなかったと話すスカイにウォードは奴の行って事を考えろマイクを実験台にしコールソンを拷問しクインにお前を撃たせ執拗に狙ってくる所が許せなかったと話す。
どんな罰でも受けるが後悔はないと話すウォードはお前や仲間を守れたと話した。
フィッツは通信機器の設備室に入りハブにいるシモンズと連絡したが途絶え配線をいじっているとよく分からない配線を発見する。
スカイはコールソンの元に向かうと本当にクレアボヤントなのか確証がないとして利用された可能性もあると判断した。
コールソンはクレアボヤントはエージェントで能力ではなく権限で情報を先読みしていたと気付く。
コールソンは尋問室に向かいウォードに殺したのは自分の意志か命令かと問いただす。
フィッツは配線をたどりメイの部屋に入ると暗号化回線を発見する。
するとそこをメイが現れフィッツは何とか理由を付け
部屋から出るとスカイに会いメイの部屋の暗号化回線の事を話す。
スカイは通信させてはダメと言い配線を切断してとフィッツに言い設備室に向かう。
メイが通信しようと記録95を更新しようとすると通信が切れフィッツが切ったとしてメイがフィッツの元に銃を持って向かう。
尋問室ではコールソンがウォードと殺した真意を言い争っていた。
そこへスカイが現れ問題発生としてコールソンに伝える。
メイはフィッツを探し発見するとアイサーで撃つが研究室の扉で遮られた。
すると駆け付けたコールソンがメイに銃を向け説明しろと言うがメイが出来ないと言うと横からスカイも現れ銃を向ける。
ここでは説明できないとメイが言うと通信相手に許可をとるのか?通信相手は?クレアボヤントは誰だ?と問いただすがメイは知らないと言い話していると急に機体が揺れバスの進路が変わった。
コールソンがメイに何をした?と聞くが私じゃないと話す。
ハブではハンドが着陸したら全員始末しなさいと言いコールソンだけは私がやると言うのだった。

スポンサーリンク


感想
まずマイクが登場してギャレット達との銃撃戦から始まる所がおもしろかった。
徐々にマイクがパワーアップしているのも見ていて恐ろしくもあり楽しかった。
パーツを徐々に装着していきながら人間兵器となったマイクがさらに腕のガントレットを装着してミサイルも発射し始めたのがまた凄いなと思った。
シールドのお偉いさんが勢揃いだったのも今回が初めてだったなと思った。
スカイがはれてシールドのエージェントなった時は良かったなと思ったしこれからが始まりだなとも思った。
スカイが指示して作戦を決行したが上手くいかなかったのは残念だった。
ブレイクがマイクにやられてしまったがフィッツの標識弾をマイクに撃っておりタダではやられないというブレイクのエージェント魂の様な物が感じられて流石だなと思った。
とりあえず今回はマイクとの戦闘がおもしろかったな。
あとはコールソンがナッシュがクレアボヤントの濡れ衣を着せられエージェントの中にクレアボヤントがいる事に気付くのが流石はコールソンと思ったしメイの暗号化回線がバレたのとウォードがナッシュを撃ち殺した事とかが重なりさらにハンドがバスを遠隔操作する等誰が味方なのかわからなくなる展開がおもしろかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください