15話「ローレライの罠」

ある道にあるロージーの店に着いたローレライとジミーだったがローレライはルースターという男を次に誘惑し従えさせジミーを用済みとして吹っ飛ばした。
医療室にいたスカイは目を覚まし起き上がっているとジェマ・シモンズが来て戻るよういいスカイを寝かせる。
スカイの採血をし話しているとグラント・ウォードが来て元気になってくれて嬉しいと言いスカイは魔法の薬が無くてもいいくらい強くなりたいと意気込む。
採血をしたシモンズがスカイが採血を不審がっているとレオ・フィッツに話す。
シモンズは血中にあるGH325を発見しようとしていた。
その頃フィル・コールソンはジャスパー・シットウェルと会っていた。
コールソンは長官の行方を聞くも行方不明だとしてわからなかった。
シットウェルはタヒチはどうだった?と聞くとコールソンは最悪だったと言いその場を去った。
シールドの大型飛行機(バス)では任務が入りメリンダ・メイが任務内容を報告していた。
巨大なエネルギーがネヴァダ州上空で検知され以前ジーン・フォスター博士が観測した時はアスガルド人が来たとシモンズが言うが誰にせよ出迎えろとの命令だとメイが言い皆で現場に向かった。
車を走らせていると突如道にビフレストで地球に来たシフが現れる。
現れると地球が危険だと言い皆と共にバスに戻るのだった。
コールソンはシフに事情を聞くとローレライを探していると言う。
600年前9つの世界を混乱に陥れ軍を率いて王や帝国を滅ぼしたのだと言う。
ローレライの妖術で男は意のままに操る事が出来女には効かないと言う。
声だけでも男を誘惑出来るが意志の強い男には触れて語り掛けあらがうことが出来ないと話す。
対処法としてシフは声を奪う首輪を取り出し牢獄で付けていたがダーク・エルフ襲来時に脱獄して時空の扉で地球に来たのだと話す。
ローレライの場所はシフが現れた所から近いとして皆は向かった。
その頃ローレライはルースターを使い金品を持って来させていた。
そこにルースター(ドウェイン)の妻が来て揉めるがローレライの指示で妻の首を締めさせ黙らせた。
司令室ではコールソンがシフが現れた周辺の48時間以内の強盗や犯罪をシフと見ていた。
コールソンは9つの世界で青色の生命体はいるか?とタヒチで見た青色の異星人の事を遠回しにシフに聞くとインターダイト、レヴィアン、フェラゴット、クリー、サーク、ケンタウリと種族を言い氷の巨人の地球侵攻は我々が止めたと話した。
コールソンは他の種族も地球に来ているのか?と聞くと安心して1度も来ていないと言われた。
シフは宝石の盗難事件を発見しさらに銃砲店も盗難されており拠点をロージーの店として特定した。
フィッツは麻酔銃のおネンネ銃を改名しアイサーとしてウォードとメイに見せた。
準備をしシフと共にロージーの店に向かった。
向かうと警官がいたが操られておりいきなり発砲される。
外の状況を見ていたドウェインはローレライに報告しシフの存在に気付く。
周りの警官をアイサーで眠らせシフが店内に入るとローレライは男達にシフを始末させようとする。
シフは男達を倒しウォードは外にいたドウェインと交戦していた。
ウォードはドウェインを倒すがローレライが現れ触れられ誘惑されてしまう。
ウォードはローレライを乗せバイクで逃走した。
シフは逃がした事と首輪を銃により壊されてしまい怒りコールソンは首輪をフィッツに直させスカイにウォードとローレライの捜査をさせた。
シモンズはGH325の事を本部に報告しようと言うがコールソンは内密にするとして留めさせた。
ローレライとウォードはホテルのシーザーズ・パレスに向かい一時の休息をしていた。
ローレライはシフを恐れ安心出来ないでいた。
ウォードはシフはわからないが他の仲間の事は良く知っているとして何かを企てる。
尋問室にいるシフにメイが来て話すとローレライ自身も戦闘能力が高いと言う。
何故男に戦わせるのかとメイが尋ねると1番強い兵士を手に入れ軍隊を率いて破壊し尽くす。
いつものパターンとしてシフは話した。
シフも大切な人を誘惑された経験がありウォードも以前のウォードとは違い平気で殺しに来ると忠告した。
コールソンが現れ監視カメラに映ったとしてホテルに向かったが何処にもおらずバスに戻るとフィッツがいい報告があるとして首輪が直ったと言った。
シフが確認させて欲しいと言うとフィッツは尋問室に呼びシフが入り置いてあった首輪を見て直っていると喜んでいるとフィッツが扉を閉め出ていく。
シフは異変に気付きドアを開けようとするが開かず閉じ込められてしまう。
メイは私がウォードなら逃げないで敵を倒すと言い出すとバスが離陸し始める。
ウォードとローレライはホテルに向かった隙をついてバスに侵入していた。
シモンズとスカイも離陸を不審に思い出ようとするも医療室が開かず閉じ込められた。
コールソンはフィッツを発見するが誘惑されている事に気付く。
メイはローレライを発見し戦おうとするが軽く吹っ飛ばされてしまう。
ウォードは尋問室の天井を開き首輪が吹き飛ばされそうになるととっさに掴むがシフごと機体の外に投げ出されてしまう。
メイの元にウォードが現れシフを排除し飛行機は手に入れたとしてメイに銃を向けて邪魔はさせないと言う。
メイは目を覚ますようにウォードに訴え掛けるが効果はなくローレライは目の前でウォードとキスして立ち去る。
コールソンは医療室に向かいドアを開け中に入るとシモンズに消火器で殴られそうになる。
シモンズが正気かと聞かれると大丈夫だと言いシフが尋問室に閉じ込められたから開けて欲しいと頼む。
尋問室の天井が開き尋問室が空になっているのを報告するが尋問室にとりあえず向かった。
バスの外では必死に掴まり耐えるシフがいた。
ローレライが尋問室に入りシフの剣を手にするとそこへシフが現れ交戦する。
シモンズがフィッツに発見され追いかけられる。
メイもウォードの銃を払い交戦し始める。
フィッツはシモンズを追いかけていたが待ち伏せしていたコールソンに殴られ気絶した。
シフとローレライとの決着がつきシフはローレライに首輪をはめた。
メイとウォードも交戦の末メイにウォードが銃を突き付け引き金を引いたがマガジンをメイが抜いており助かった。
2人は立ち上がりウォードは正気に戻ったとメイに言うが殴られてしまう。
コールソンはシフに酷い思いをしたのに自ら報復出来ないのは辛いなと話すがシフは王の命令は生け捕りとしてオーディンの戦士として規律を守ると言った。
共に戦えて光栄だったと話しローレライを連れていった。
メイは機体のダメージを確認してくると言い行こうとするとコールソンは君の方こそ大丈夫か?と気遣うがメイもあなたもゲストハウス以来おかしいとして私じゃダメならスカイにでも話してと去る。
操縦室に行ったメイは操縦室にいたウォードに好きなだけ殴ってくれと謝られる。
操られていたとはいえ傷付けたとしてメイに謝るがメイはもう終わりねとして突き放した。
ウォードも分かったと言い去った。
コールソンは医療室に向かうとフィッツが殴られた跡を見ながらよくぞ殴ってくれましたとコールソンに言い許しますと言いながら医療室をシモンズと出た。
コールソンはスカイに薬の原料が異星人だということを話すとスカイは驚きもせずにだから何といった感じで受けとる。
私自身も084として何かわからないと話すとコールソンはそうだなと納得する。
だがコールソンは究明はするとして規則やルールなんてくそ食らえだとして解明してやると意気込んだ。
長官や命をかけてまで秘密に隠した事は真実が分かるまで誰にも話せないとスカイに話した。
まずは何から探す?とスカイは聞くと君に傷を負わせた奴を探し償わせるとコールソンが話した。
それを盗聴器で聞いていたメイは部屋にある通信機器で記録93を更新し彼は知っているコールソンは知っている誰かに通信した。

スポンサーリンク


感想
まずシフが現れた事が驚きでしたね。
しかもソーの映画でソーが強いあまり他の仲間の強さがあまり分からなかったが今作でシフがかなり強いんだなぁって事が分かっておもしろかったですね。
ローレライも強くてウォードを誘惑した時はなかなかコールソン達の方が部が悪いんじゃないかと思ったけどシフやメイの頑張りで乗りきった所やコールソンやスカイにシモンズの微力ながらの頑張りで何とかローレライを捕らえる事が出来たのは良かったです。
最後にスカイにコールソンが薬の原料の話をする所もスカイがどんな反応をするのかと思ったら案外あっさり受け止めた所も何か良かったです。
ただそれを盗聴してメイが誰かに報告しているのがかなり気になり今後の展開がよりおもしろくなりそうですね。
とりあえず全体的にアクションが多かったので楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください