13話「謎の荷物」

シールドの大型飛行機(バス)ではイアン・クインの情報を掴んだフィル・コールソンが司令室でスカイ、メリンダ・メイ、ジェマ・シモンズ、レオ・フィッツ、グラント・ウォードら全員にクインのダミー会社が高価な品を買った事を告げる。
購入した品の製造元はサイバーテックという先端技術を扱う会社だという事がわかりさらに輸送の為に雇われた警備員は元軍人や元傭兵ばかりだとわかった。
輸送方法はイタリアの田舎を走る鉄道でザグレブまで田園地帯が続くとイタリア当局から情報を得た。
潜入任務として列車に乗りメイとウォードは荷物に発信器を付けるように言いスカイとフィッツは発信器からクインを追跡するよう指示した。
クインはクレアボヤントにつながるとしてコールソンとシモンズも列車の乗客として乗り込んだ。
メイとウォードは1等車の個室に行き着替えるとウォードがコールソンが私情を挟み過ぎてないかと任務の話をする。
メイもウォードに私情を挟まないよう注意するとウォードが俺達の関係をコールソンが許してくれるのか?と話すとメイは大丈夫だったと言い窓の外から上に上がろうとする。
ウォードは話したのか?と唖然とした。
スカイとフィッツはカップルのふりをして車掌に話しをして近付き気付かれない様にスカイが車掌の鍵をスリ取ると貨物車両に行き無線の準備した。
コールソンは捜査対象の警備責任者カルロ・マンチーニ
シモンズは設定として母親の遺灰の入った壺を取り出し英国人の父親が家を空けてばかりで母親の死もみとらなかったと嘆く哀れな娘を演じようとするがコールソンは必要か?と疑問を持ちつつもフィッツからカルロがそっちに行ったと無線が入るとコールソンはシモンズに始めさせた。
あまりの熱の入った演技に周りの乗客からお悔やみの言葉をもらいコールソンは生き方を改めたまえと忠告された。
それに便乗してシモンズは立ち上がりその場から立ち去ろうと通路に飛び出し歩いてくるカルロにぶつかり遺灰をぶちまけた。
カルロの靴に遺灰ではなく特殊な粉が付きそれを列車の上にいるメイが特殊なサングラスで見るとカルロの足跡が表示される。
メイのサングラスの映像を見ていたフィッツが荷物を発見しコールソンがウォードに連絡するが無線が使えなくなりコールソンが荷物を見に行くと誰もおらず後ろからウォードがバレましたと警備員に追いかけられながら2人は列車から飛び降りる。
警備員は特殊な装置を2人目掛けて投げた。
ウォードの回想が入りメイと分かれた後車掌に変装したウォードは部屋を出ると隣の女性客に荷物を持って欲しいと言われ部屋に運ぶと女性客は銃を取り出し後ろから狙う。
とっさに気付いたウォードが阻止し新たに現れた警備員と交戦し倒す。
シモンズの元に行きバレた事を報告しフィッツと荷物室に居ろと指示すると乗客室に座っていた警備員達に見付かり追われコールソンと共に列車を飛び降りた。
警備員が投げた装置が爆発すると列車は消えてしまった。
メイのサングラスを発見し列車にいない事もわかり電話しようにも電子機器が使えない状態になり警備員が投げた装置を見ながら透明化装置か時空の扉を出すものなのかと話す。
何故バレたのか分からずクレアボヤントの力なのか?とコールソンが話していると1台の車が向かってきたので身を隠しバスに戻る事にした。
しばらく歩くと直結始動の軽トラがおいてあり乗り込みバスに着いた。
着くと司令室に通信が入っており通信するとイタリアのエージェントのルッソからサイバーテックに動きを読まれたと伝え合流するようバスの座標を教えた。
コールソンは装置をウォードに調べさせるよう手渡し本部に連絡しに行った。
ウォードは装置を研究室の台座置くが起動の仕方が分からず何とか起動させたが拡大する事が分からずコールソンと共に試みるもダメで本部に頼もうと諦めた。
ウォードはメイとの事をコールソンに話し規則違反だぞとして注意を受け仲間に影響があるならアラスカに異動させると言われブロンスキーの監視を夜間シフトで行わせるとも言われた。
そこへルッソが到着しバスに乗り込もうとすると後ろからメイが現れルッソを倒した。
列車のメイの回想が入りウォードに指示を出すメイだったが通信出来ずにいるといきなり警備員から銃で発砲されとっさに列車から降りた。
スカイとフィッツにも連絡するが通信出来ずにいると列車から飛び降りたコールソンとウォードを発見する。
2人は時が止まったかのように微動だにせずメイは辺りを捜索し軽トラを発見し直結始動させた。
そこへルッソが銃を突き付け現れ殴られる。
メイはルッソらに縛り上げられコールソンとウォードの場所を言うよう言われるが言わずルッソがナイフをメイに刺す。
メイはこれを待っていたのよと刺されたナイフを取り縛られたロープを切るとルッソに切りかかった。
メイは部下を倒しルッソは車で逃走しバスに到着したが先回りしたメイにナイフを投げ刺され倒された。
コールソンがメイに事情を聞くと策略で奴が裏切ったと話しバスを離陸した。
メイは傷を縫おうとしているとコールソンが手伝おうと現れ列車を発見し路線を変更した事を話す。
手投げ型の装置は中に入っている薬が意識を飛ばすとして解明された。
傷の手当てが終わるとウォードが現れ列車が急停車したと報告してきた。
現場に向かい中の荷物室に入ると隠れていたシモンズがとっさに現れ麻酔銃を撃ち始めたコールソンは呼び掛け止めさせるとシモンズはスカイとフィッツは?とコールソンに尋ねた。
スカイとフィッツの回想が入りスカイは084に関する話をフィッツとしていた。
そうこうしているといきなり映像が途絶えメイに通信するも出来ず通信妨害にあいバレたんだと知らせようと立ち上がると警備員が荷物室に来て銃を発砲される。
何とか回避し交戦すると警備員が意識を飛ばす手投げ装置を起動し投げようとする。
すると後から来たシモンズが警備員を抑えもみ合っていると爆発しシモンズと警備員は意識を飛ばされ倒れる。
スカイとフィッツはシモンズを横にしフィッツは恐らくデンドロトキシンだと言う。
麻酔銃の改良版みたいな物で吸入するだけで効いてしまう。
スカイとフィッツはシモンズに麻酔銃のスペアを握らせ見付からないように隠した。
スカイは車両を見て回ったが誰もおらず列車が急に停車した。
外を見るとサイバーテックの者が荷物を車に乗せ何処かへ向かった。
スカイとフィッツは追跡装置の予備を持って追いかけた。
ある屋敷に着いた2人はそこへ着いたクインを見掛ける。
2人で捕まえようとスカイが麻酔銃を持って屋敷に乗り込みフィッツは車に爆弾を仕掛けた。
スカイは奥に進むと地下に荷物があると会話しながら出てくるクインを見掛け地下に降りた。
スカイはそこで荷物とカプセルに入ったマイク・ピーターソンを発見する。
発見したと同時にクインとカルロに捕まってしまう。
クインはマイクの入ったカプセルを開け目覚めさせ指令は受け取ったなとマイクに確認させマイクの失った足に荷物の装置を取り付けると起動させた。
するとマイクは苦痛の表情を浮かべながら金属の足が展開し立てるようになった。
クインはマイクに銃を持たせ彼女を撃てと言うが指令が違うと拒否した。
出ていくマイクに何をしたの?とクインに問い掛けるとクインはスカイを撃って出て行った。
スカイは助けを呼びながら這いずり外に出ようとする。
屋敷内ではマイクが警備員達を倒しフィッツはスカイの元に向かった。
遅れてコールソン達も屋敷に着き中に突入しクインを捕まえた。
マイクは周りの警備員達を皆殺しにした後シールドと関わるなという指令を受けた。
コールソンはクインに銃を突き付けスカイはと尋ねるとクインは彼女1人を送り込むなんて危険だと言い皆で手分けして探した。
コールソンが撃たれたスカイを見付けるとシモンズに呼び掛ける。
シモンズはマイクの入っていた高圧カプセルにスカイを入れ体温を下げ何とか安定させる事に成功した。
バスにそのまま移送し体温を7度にしたまま離陸した。
数時間で体温を戻さないと脳に障害が残るとして至急医療機関に運ぶようシモンズがコールソンに頼んだ。
シモンズは泣きウォードは苛立ち車を殴りメイが慰めた。
マイクは息子に合わせてほしいと紙に書き見せるがまだだと表示され紙を握り締めた。
金属の足にプロジェクト名にデスロックと表示されていた。

スポンサーリンク


感想
同じ時間帯をそれぞれの視点で表現されていて見ていておもしろかった。
新たな兵器を登場して初めは本当に列車が消えたのかと思ったが単に2人の意識が飛んでいた事がわかるまでの過程も楽しかったです。
フィッツの研究室を使った事がないウォードとコールソンが困り果てる所も良かったですね。
あとはメイはやはり強いなと思いましたね。
1人で裏切ったエージェントを皆やっつけてしまうから流石です。
あとはマイクが機械の足を装着して人間兵器となっていく様子が恐ろしかった。
スカイが撃たれた時は早く助けに来てくれと思いました。
さらに今後の展開がおもしろくなってきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください