11話「魔法の国」

アタッシュケースにチタウリの金属を入れた男が女に渡し取引しようとしていた瞬間シールドのマークの円盤状の物が滑り込んでくる。
不思議そうに見る取引者達だが円盤から強力な光が放たれる。
隙をみてグラント・ウォードとメリンダ・メイはボディガードを倒すが取引者の男がウォードを椅子で殴ると逃走する。
追いかけるメイとウォードだがレオ・フィッツとジェマ・シモンズに連絡をとる。
フィッツは小型ドローンで男の進路を遮ると戻る男はエレベーターに乗る。
ウォードがスカイに連絡しエレベーターをハッキングさせ屋上まであげると男は外に出るがシールドの部隊が待ち構えておりやむを得ず降参する。
ヘリからビクトリア・ハンドが降りてきて男にヴァンチャットと呼びかけ友人の捜索に協力させる。
シールドの大型飛行機(バス)にはシールドエージェントで溢れていてシモンズはフィル・コールソンの拉致から36時間寝ずに捜索を続けるハンドの事を話しながらコールソンが拉致された時に銃撃されたウォードの肩の治療をしていた。
そうこうしていると司令室でハンドがマイク・ピーターソンの体の一部が見つかった事と遺留品は少なくエディソン・ポーやムカデの足取りが掴めない事を話した。
ヴァンチャットにも尋問のプロをつけさせ吐かせようとしていた。
すると突然ハッキングに合いスカイの元にハンドが向かうとヴァンチャットの口座からムカデの支払いをたどり情報を集めると提案するがハンドは相手にしなかった。
ウォードがハンドに必要だと言うがメイは必要ないと言つとハンドはスカイを本部に引き渡すように手配する。
フィッツとシモンズはスカイに一度だけ監視を逃れられる衛星電話を密かに渡しウォードは迎えにくる事情聴取担当者が来る前にスカイを外に出させた。
コールソンがタヒチの夢を見ていると目が覚めるとポーが横にいて謎の装置に掛けられていた。
ポーがクレアボヤントでも死んだ後が見えないと言いそれでも話そうとしないコールソンに拷問していた。
スカイは投資家のロイドに力を借りようとしていた。
シモンズとフィッツは麻酔銃をより強力な物にしようとしていた。
ウォードもヴァンチャットに尋問していたエージェントが甘いと自ら尋問室に向かった。
スカイはロイドの車に乗り家に向かおうとナビを操作するも監視ブレスレットに阻まれる。
考えた結果車に付いていたSOSサポートに連絡する為わざと車をぶつけ家まで牽引して欲しいと頼んだ。
コールソンは拷問されベットに手と足を手錠で固定されるが隙をみてピンセットを手に入れており手錠を外そうとしていた。
ウォードは尋問室に着くとヴァンチャットに話すんだと言うが断固拒否すると言われフィッツとシモンズにモニター越しから合図しシートベルトを自分に付けると尋問室の天井を開けた。
外に放り出されそうになるのを必死で机に掴み抗うヴァンチャットに一日中待つぞとウォードが言うと全部話すとヴァンチャットが諦めた。
コールソンは手錠を外し監禁室から出るとポーが横から話しかけてくる。
隙を見てポーに挑もうとするも手下に抑えられまた戻される。
スカイは思惑通りレッカーによって家まで送ってもらいロイドの家にたどり着いた。
スカイは警察に電話をかけロイド名義の車を発見し家で引き渡すと言い呼び出しロイドが家に帰宅すると自身をシールドエージェントのメイだと名乗りロイドと駆け引きをし丸め込むと書斎への捜査を始めると向かったがロイドが無音警報のボタンを押した。
ハンドはヴァンチャットの吐いた情報からシドニーの大口顧客をあたる事にした。
ハンドはレベル8の人間にこれ程の人員を投入する事と長官とマリア・ヒルも報告を求めてくる事に疑問を持っている事をウォードに話す。
コールソンは謎の装置にかけられ尋問もされていたが吐かずに耐えていた。
そこにレイナが現れ拷問はやり過ぎだと言うとポーにクレアボヤントから電話がかかってくる。
クレアボヤントがレイナと話したいと代わり話すと同感ですとレイナが話しポーに代わると謎の音声が流れポーが倒れた。
バスの操縦席ではメイにウォードが何故スカイを裏切ったと言うと何の事?とメイが言うと機内じゃなく外で本領を発揮すると知った上で必要ないと言った事をウォードに話した。
そこに通信が入りモハヴェ砂漠に向かうように指示が出て向かう。
スカイはロイドにスイス銀行にログインするよう指示していると警備員が家に駆けつけ銃を突き付けられるもウォードの訓練により銃を奪い倒しやり過ごした。
コールソンがレイナと話し世界を変えるという目的や死んだ人間がどうして生き返ったのか知りたいという事を話すと謎の装置の説明をし始める。
シータ派を発生させて潜在意識に埋もれた記憶を掘り起こすという物でコールソンに真実を知りたいはずと誘惑する。
スカイはロイドのパソコンからヴァンチャットの情報を開かせレイナを突き止めるとロイドのスポーツカーで向かった。
レイナはコールソンに知るはずない恋人の話しを持ちかけ魔法の国タヒチについて知りたくない?と誘惑しコールソンはやろうと装置に身を委ねた。
フィッツとシモンズはムカデ兵士の弱点を見つけ血清投入口に麻酔を流し込む装置を開発しウォード達に渡した。
するとシモンズに着信が入り出ると居場所を特定したスカイから場所を告げられる。
ハンドに伝えハンドは研究所を当たりウォード達はスカイと合流しコールソン救出に向かった。
コールソンは再び装置にかけられ記憶を思い返すと同じくタヒチでマッサージをされている光景を見るがいつもと違う風景が見えてくる。
スカイは場所に着き捜索しているとムカデ兵士に見つかる。
逃げる中駆けつけたウォード達と合流し捜索をするがムカデ兵士に見つかりウォードが引き付け交戦する中麻酔装置の麻酔をとっさに取り兵士の口の中に入れ倒す。
コールソンは自分の身に起きた事を装置によって見てしまいDr.ストライテン医者とDr.グッドマン医者によって自分が恐ろしい手術によって生き返らされた事に悲鳴をあげるとスカイが気付き向かいレイナを殴り倒すと装置を止め救出した。
ハンドは長官が喜んでいた事とムカデの拠点を潰せた事をコールソンに話すと去っていった。
コールソンは皆にありがとうと言うと仕事に戻れと指示を出した。
スカイの監視ブレスレットを外す時が来たなと言いブレスレットに外れろと言うと外れ嘘でしょと呆気にとられるスカイにおもしろいだろと微笑んだ。
コールソンはDr.ストライテン医者の元に向かい手術について聞くとストライテンは死んだ後呼吸が止まったのは8秒ではなく数日続いたと話す。
バカなと驚くコールソンに良心のある医者なら許さないやり方で時を戻したと脳に楽しい思い出を植え付け生きる意思のない人を生き返らせたと話すとコールソンは静かに去っていった。
ベットで1人の男が起き上がる重症を負ったピーターソンだった。
左足は無くなっており全身に火傷を負い周りを見渡すと目からムカデ兵士と同じく指令が伝えられる。

スポンサーリンク


感想
初めはメイがスカイを追い出した時やっぱメイは任務だけを重要視しているなと思ったけどメイはメイなりに考えた結果の判断だったんだなと思わされ1枚上手だなと思いました。
コールソンの救出に皆が頑張ってそれぞれ違う方法で捜査するのが楽しかったですね。
スカイがメイに成り済ましているのも良かったですね。
後半はウォードとムカデ兵士の戦闘が迫力があり楽しかった。
コールソンのタヒチでの衝撃的な手術を見た時は驚きましたし生き返った謎が解明していった所がおもしろいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください