6話「宙に浮く死体」

ボーイスカウトのリーダーの子供と小さい4人の子供達と森でキャンプをしている1人の男は子供達を怖がらせようと森に出る幽霊の話しをする。
冗談を交えながら話しているとハミングが聞こえると1人の男アダム・クロスが様子を見に行くと言い奥に行くとリーダーの子供の横に置いてあったコップが突然浮かび上がりさらにクロスの悲鳴が聞こえ皆は慌てて車に非難する。
乗り込むと電気が走り車のバッテリーが吹き飛んだ。
リーダーの子供はクロスを呼ぶが返事が無く小さい子供達と一緒に探しに奥に行くと体に電気が走り宙に浮いたまま死んでいるクロスを発見する。
その頃シールドの大型飛行機(バス)ではフィル・コールソンがランニングマシンに乗りジェマ・シモンズに身体検査を受けていた。
シモンズに身体は年齢の割に健康と言われると老人になった気分だとコールソンが言い去る。
スカイが見る中グラント・ウォードがレオ・フィッツの開発した麻酔銃を構えるが1オンス重いと不合格にしその場を去る。
スカイはまだウォードには許してもらえてないと言うとフィッツがふざけてウォードの真似をするとスカイは笑い後から来たシモンズがその事を聞くと同じくウォードの真似をしてふざけていると指令を受けたウォードが報告しに戻る。
シモンズがウォードにフィッツったら模擬弾を抜き忘れたみたいと言いさっきと同じ重さの麻酔銃を渡すとウォードは合格だと言い去り爆笑するのだった。
現場についた一同はクロスの遺体を見ると各々が新しい兵器やインデックスの能力者の仕業と推測する。
コールソンはエージェントのフィリックス・ブレイクにリストを確認させると言いシモンズがクロスの遺体に近付くと額の傷から放電し落ちた。
バスに戻りスカイがクロスの情報を調べるとウォードとコールソンに話した。
クロスは独身で子供はおらずリグレー出身で職業は体育教師で野球部、ボーイスカウト、消防団で活躍していた。
メイは取調室でリーダーの子供に話を聞きシモンズは遺体を調べていた。
コールソンに脳の断面図を見せると脳が焼け焦げておりシモンズが稲妻の倍の2000メガジュールのエネルギーによるものだと言うとメイが入ってきて子供はシロだと言いシモンズは脳を採集して調べると言うとフィッツが衛星で新たな放電を感知したと知らせるとコールソンとメイとウォードが現場に向かう。
現場に着き小屋に入ると同じく宙に浮いた死体を発見する。
スカイが小屋の持ち主を調べると名前はウェイレンで最初の犠牲者と同じ消防団に所属していたのがわかる。
同時にニューヨーク決戦の時に出動していたのもわかる。
コールソン達は消防署に行き話すと1人の男トニー・ディアスと会う。
気分があまり良くないと言うディアスはコールソンと話しているとハミングが聞こえると言い出すと横のフライパンが宙を浮き始める。
ディアスは兜を記念品とし錆びがついたので磨いていた。
メイがチタウリの兜を発見するとそれをシモンズに見せるとチタウリのウイルスによる感染症だと言う。
ディアスはウェイレンとクロスと暇潰しに磨いていたと答えるとコールソンは皆を外に非難させ1人死ぬ直前のディアスに話しかけ同じく死の体験を話すとディアスはもう行けとコールソンに言うと放電し死亡する。
原因がわかりフィッツが皆を機械で静電気の帯電を調べると消防署の人達をシールドの隔離施設に移した。
チタウリの兜はシールドの危険物専門の研究施設サンドボックスに送る為バスの取調室に積んだ。
バスでサンドボックスに向かう中シモンズがコールソンに研究所に来て欲しいと言い消防団の細胞を顕微鏡で見せるとウイルスが細胞で休眠しウイルスは増殖すると言う。
コールソンは人から人にも移ると言うとシモンズは空気や飛沫ではなく静電気によって感染すると言うとシモンズの後ろの器具が宙を浮き出す。
コールソンが唖然とする中シモンズを研究者に閉じ込める。
コールソンがシモンズの感染は最初の犠牲者クロスとの感染だろうとし発症スピードからしてあと2時間しかないと言う。
機内で放電すると飛行機は空中分解してしまうと言い降りるにしても3時間は太平洋を飛行するとメイが言うとコールソンはシモンズに命を預けると言った。
フィッツが協力する中シモンズはワクチン開発を進めるが上手くいかず苛立っていた。
何も出来ない事に無力さを感じながらスカイとウォードがモニター越しで作業を見ていた。
コールソンも解決法がないかシールドへ通信するが無く途方に暮れていた。
シモンズも地球外のウイルスに抗体なんて作れないと言うとフィッツがチタウリが抗体を持っていると言い兜に残った細胞からワクチンが作れるとして慌てて取調室に向かいシモンズの研究所入り一緒に作業すると言うとワクチンを作り出した。
マウスで試すが放電し宙に浮く。
諦めたシモンズはコールソンに父と母に連絡をとりたいと言い泣きながら皆にフィッツと2人にして欲しいと頼む。
シモンズは後ろからフィッツを鈍器で殴ると貨物室のハッチを開く。
フィッツは起き上がりマウスを見ると放電で失神していただけでワクチンによって治っている事に気付く。
貨物室を見るとシモンズがハッチを開き飛び下そうになっているのを見る。
必死に叫び止めようとするフィッツだがシモンズは飛び下りる。
ウォードはそれに気付きすぐにパラシュートとワクチンをフィッツから取りダイブするとシモンズを救出しワクチンを投与する。
コールソンはシモンズをオフィスに呼びチームの為とは言え勝手な事はするなと怒ると2度とするなと言い行かせる。
オフィスに来たメイにコールソンは自らの体がおかしいと言い身体検査をした紙には問題ないと書かれているが違う感じがすると言うとメイが死んだ事により変わったから違う感じがするだけと励ました。
フィッツはウォードにいいとこを取られたとシモンズに話すが一緒にワクチンを作ってくれた事も同じくらい素敵だったとほっぺにキスされる。
サンドボックスについたコールソンは飛行機に来たブレイク達にチタウリの兜を渡した。
ブレイクはコールソンに組織の命令に逆らう事はするなよチームを取り上げられるぞと言うとコールソンができるかなと返す。
君らしくない言い草だとブレイクが言うとコールソンがそうだろうな慣れてくれと言い頷きながらブレイクは立ち去る。

スポンサーリンク


感想
宙に浮いた死体と言う事でどんな奴にやられたんだろうと思ったけどウイルスによって引き起こされた現象だと判明したのは予想外でした。
いろいろと捜査を重ねそこまでたどり着くまでの過程が楽しかったです。
アベンジャーズのチタウリも関係していてヘルメットだけですが登場したのも良かったです。
シモンズにもウイルスが移ってしまいフィッツと協力してワクチン開発する感じも良かったです。
最後に自ら飛行機からダイブしてそれをすかさず助けに行くウォードもかっこよくていろいろと見せ場があっておもしろいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください