21話「反撃開始」

15年前にサチューセッツ州のプリマスにある少年院いたグラント・ウォードは面会室でジョン・ギャレットに会う。
ギャレットはウォードに士官学校の教官は友人だと話し有能な生徒が学校から脱走し盗難車で自宅に戻り家に火を放ったと聞いたと話した。
そういう若者には興味をそそられるとウォードを席に座らせ1回限りのオファーがあると言うと20分後に親側の弁護士が来て放火と殺人未遂で告訴される。
兄貴の請願で成人扱いになり牢の中で親と兄貴を恨んで暮らすか俺に付いてくるか選べと言うとウォードは付いて行くと言う。
同時に銃を持ったギャレットの部下が入ってきて少年院を制圧した。
レオ・フィッツ、ジェマ・シモンズ、スカイはモーテルのテレビのニュースを見ていた。
ボゴタでコロンビアの麻薬王カスティーリョが殺害され写真にはマイク・ピーターソン(デス・ロック)が映っていた。
そこへフィル・コールソンが現れ集合をかける。
メリンダ・メイも含めアントワーン・トリプレット(トリップ)以外の全員が集まるとコールソンはボードに問題点を書きサイバーテックを中心にデス・ロックの製造元でイアン・クインの取引先だと線を引いていく。
クインを操るクレアボヤントはウォードを使って蘇生法を探らせた。
首謀者はギャレットだと改めて理解しスカイがハードに贈り物を置いて来たと話す。
スカイはトロイの木馬として感染が進んでいるはずとシステムを乗っ取れるが実行するには連中のコンピューターにこれを挿さないといけないとUSBを見せた。
ただ何処にもないとスカイは言うがメイはギャレットとデータを共有してるのはサイバーテックだとしてオフィスに潜入し調べようと言うとコールソンはウォードとギャレットは逃がさんとして意気込みシールドの大型飛行機(バス)を取り戻すと話した。
バスではギャレットとウォード、マイクがおりマイクとギャレットが話すとご褒美としてギャレットはゼラーに電話をかけ息子の映像をマイクの目に送った。
ギャレットはウォードと25年の努力が報われそうなんだと言うと研究所に降りレイナに話しを聞くと蘇生の薬を再現出来そうだと話しキューバで検証中ですぐに結果が出ると話す。
ギャレットは喜びレイナを褒め誰かとは違い期待を裏切らないと言うとウォードを皮肉って出ていった。
モーテルではコールソンはサイバーテックの入社面接を受け潜入の事をスカイとフィッツと話しているとトリップがトランクケースを持って現れる。
トリップはハウリング・コマンドーズにいた祖父の道具を持って来ていた。
コールソンは手持ち式ヒプノビームを発見し素晴らしいとトリップと意気投合し2人の世界に入り出すがスカイは後にしてと小さい物のスイッチを入れると電磁パルス(EMP)が出て電球がショートした。
どれも日常品にみせてハイテクな道具でコールソンはトリップに礼を言いこれでやりあえると話す。
15年前にさかのぼりギャレットとウォードは犬を連れて広大な土地を歩いていた。
ギャレットはウォードにリュックを渡すと寝場所や食料は自力で確保しろと言い2〜3ヵ月で戻ると言うと車に乗りおまえなら出来ると話しウォードとバディの犬を置いて去っていった。
現代に戻りカリフォルニア州のパロアルトにあるサイバーテックではコールソンとメイが面接に来ていた。
サイバーテックの研究開発部のオットとディアスにコールソンはティトル、メイはロウム博士として自己紹介した。
サイバーテックの2人に元シールドの科学者には大勢会ったが期待を外れと言われヒドラ出身者は発想が柔軟で若いと言われる。
フィッツは人選ミスだと言うがシモンズはメイにどう見ても30歳未満に見えてゴージャスよと通信を入れる。
メイは微妙な表情を浮かべながらスーツのピンをいじるとスカイのパソコンと連動しメインフレームを捜せるようになった。
ピンは極超短波帯(UHF)を調べられるとしてトリップに話すが検知出来ずデジタルデータが見当たらないとしてコールソンとメイに時間を稼ぐよう言う。
コールソンは麻酔弾を見せフィッツとシモンズの通信を聞きながら説明するがオットとディアスは知っていると言いオネンネ銃だろと言うとこの未熟な弾を我々は吸入式に改良し実用的にしたと言われる。
負けじとフィッツが通信しこれはアイサーだとして威力は3倍でカッコ良く改名したと話すも他の発明は?と言われてしまう。
スカイはビルの施工図を出し4階が怪しいと言い出入口は1つで特殊強化扉な事もありコールソン達に通信を入れる。
コールソン達は残念だと面接を終え出るとエレベーターに乗り同乗したサイバーテックの人を倒し鍵付きのエレベーターで4階に向かった。
するとサイバーテックの者にすぐに見つかり廊下にある緊急連絡用の電話を取ろうとするサイバーテックの者をメイが何とか倒し防いだ。
タバコ型のレーザーカッターで特殊強化扉に穴を開け入ると紙のデータしかなく資料を探す。
バスでは研究所のレイナにマイクが話しかけ何故従っていると話すと真実を知りたいだけと言うとスカイと私には共通点があると言い始める。
サイバーテックではコールソンとメイがマイクの資料を発見しプロジェクト開始日は1990年と書いてあり1番最初の資料を見るとモデル番号01と書かれた資料を発見する。
開くとギャレットの名前が載っており外が騒がしくなるとコールソンはスカイにデカいファイルを送るとして窓ガラスを割り棚ごと落とした。
すぐに回収しトリップはアンカーを撃ち込みメイとコールソンはロープをつたって降りた。
15年前に戻りウォードは雨にうたれ犬と震えていた。
バスではウォードがハードの為に自分を殺そうとしたギャレットに怒りをぶつけていた。
ギャレットはグチグチ言うなと口論しているとギャレットが急に苦しみ出し横腹の機械をウォードがいじり出した。
コールソン達は資料を見ながらギャレットが第1被験者だった事を皆に伝えるとスカイがギャレット自身がGH325が欲しくて人間の体を取り戻せるし超人兵士を作り出せてヒドラの為にもなるとして話した。
フィッツはウォードは操られてるんだと言うがスカイはいつまでウォードを被害者扱いしてるんだと言いスカイは殺されそうになったウォードを助けなければ良かったと話す。
マヌケで意気地無しと自分を責めるスカイにコールソンは情け深いから助けたんだとして慰めた。
すると後ろからピザをご注文のヒメネスさんは?とピザ屋が来てコールソンが受けとる。
バスではウォードがギャレットの横腹の機械を再起動させ安定した。
ウォードは久々の発作でビビりましたと言うとギャレットは久々じゃなく回数は増えるばかりと言い臓器の問題だと言った。
ギャレットは俺は死ぬと言い長くて2ヶ月と言われた事をウォードに伝えるとウォードは唖然とした。
モーテルではスカイは食欲がないと部屋に1人でいるとメイが来てウォードについて語るとスカイはメイに何故怒らないのかと言うがメイは怒っているが感情は爆発させない奴を見つけるまで腹に収めて見つけたら全ての怒りをぶつけてたたき潰すと話した。
するとコールソンが入って来てサイバーテックの貨物を追ったと言いブラジルやシリアを経由しハバナに着く事を伝えるとキューバに向かった。
キューバのハバナではクインが散髪していた。
そこへギャレットとウォードが現れクインは話しをまとめてくると言い店を出た。
レイナから連絡がありウォードが行くとギャレットは特殊能力に関心があるのかと思えばただ死を恐れてるだけだったと言いスカイの件も興味がないみたいと話す。
レイナは口が滑ったと言いギャレットに直接聞くと言い向かうとウォードが引き止め代わりに聞くと言う。
レイナはハードに入っていたのは研究データだけでなく病院や養子緑組の資料もありDNAと併せて気になると話し何年も前に中国の湖南省の村が全滅して赤ん坊を捜す怪物に殺されその赤ん坊の親が怪物だったのと話した。
15年前に戻りギャレットはウォードの元に戻るとたくましく成長したウォードが現れる。
ウォードの成長を褒めるがギャレットは急に銃をウォードに突き付けると周りの物を撃ち全て命中させるとおまえの番だと銃を渡す。
現代に戻りギャレットのアジトではアメリカに移ろうと荷物を片付けていた。
レイナはギャレットにほぼ完成した薬を渡した。
コールソン達はキューバに着きフィッツとシモンズにバスを発見させ残りのメンバーでアジトに向かった。
アジトを見つけるがすでに手遅れだったがスカイが何かを見つける。
シモンズから空港の場外離着陸場でバスを発見したと通信が入りコールソンは向かおうとするが3時間かかってしまいその頃には離陸してしまう事を話す。
コールソンは2人にジェット機で待てと指示すると向かおうとする。
するとスカイがUSBを見せ店にコンピューターが残っていたらトロイの木馬で乗っ取れるとして店に入る。
フィッツとシモンズはバスの様子を見ているとドローンを送り込もうと話しフィッツは取って来ようとするとウォードが現れる。
10年前に戻りギャレットとウォードは話しているとギャレットは昔サラエボ近辺で爆弾をくらい救援を呼んだが言い訳ばかりでシールドは俺ほど忠実ではなかったと話す。
だから生きて帰ったら報復すると誓ったんだと言い俺は腸を腹に詰め直しテープでふさいで逃げた。
秘密組織の秘密組織のヒドラでは生き残った者が勝つと話す。
現代に戻りウォードに見つかったフィッツとシモンズはバスに連れていかれギャレットに報告される。
ウォードはフィッツがポケットに手を入れたのを気付き出させるとおもちゃでウォードがきを緩めた隙をついてフィッツは電磁パルス(EMP)を発生させるおもちゃを押した。
周りの物がショートしギャレットの脇腹もショートしてしまい慌ててウォードは機材を持ち救おうとする。
フィッツはウォードにもう従わなくていいと言うがウォードは連れていけと言いギャレットの手当てを始める。
また過去に戻りウォードは獲物を仕留めるとバディの犬を向かわせた。
ギャレットはシールドの捜査部に採用されたとウォードに言うとすぐに荷造りしろと言った。
ギャレットはヒドラのスパイとしてきつい仕事だぞと話した後バディの犬を殺せとウォードに言うとウォードは躊躇する。
ギャレットはお前は弱いのかという言葉にウォードはいいえと答えるとギャレットは車で待っていると行った。
現代に戻りウォードはギャレットの手当てをしているとギャレットはウォードにフィッツとシモンズを殺せと指示しウォードは2人の元に向かった。
ギャレットは横腹の中のムカデ血清の変わりにレイナが開発した薬を入れてくれとレイナに頼んだ。
フィッツとシモンズは連行される中隙をついて逃げる。
逃げた先にウォードが現れ慌てて部屋に入り扉を閉める。
フィッツは扉越しに説得し友達だろと言うと過去に戻りウォードがバディの犬に銃を向けるが撃てず銃を上に向け撃つ逃げる犬をその後狙撃銃で撃ち殺した。
フィッツ達の入った部屋ごと海に落とそうとするウォードにフィッツとシモンズは必死の呼び掛けをするがウォードは弱くないとして落とした。
レイナはギャレットに薬を投与しウォードが戻って来るとギャレットが突然発作を起こした後収まりウォードが気分は?と聞くとギャレットは目を見開き宇宙だと話した。
アジトにいたコールソン達はトリップの機械で壁の裏に何かを発見し開くとコンピューター室を発見した。
しかし同時に部屋が暗くなりムカデ兵士が多数現れる。
ワシントンDCではクインが軍に超人兵士の素晴らしさを伝えサイバーテックは新施設で超人兵士を増強する予定がある事を言うと見学に来てはどうです?と誘った。

スポンサーリンク


感想
今回はまずウォードがギャレットとはじめて会った所から始まったのが良かった。
若くて冴えないウォードをギャレットが厳しく鍛え上え非情な工作員に仕立てあげた過程が見れておもしろかった。
あとはサイバーテックに面接として潜入したコールソンとメイが面接官とのやりとりが凄くおもしろかった。
その後のメイのアクションやデスロックの資料を見つけ窓から放り投げる等そこも楽しかった。
コールソン達がアジトに向かいフィッツとシモンズがバスを監視していたがウォードによってフィッツとシモンズが捕まったのはやられたなと思った。
フィッツとシモンズが部屋に入りウォードに必死で呼び掛けるがウォードは部屋ごと海へ落下させたのは残念でしたね。
ウォードの非情さが垣間見れました。
ちょっと楽しい場面もたりつつ緊迫した場面もあった今回もおもしろかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください