18話「逃亡」

捕まっていたレイナは牢屋で紙で花を折っていた。
するといきなり爆発音が鳴りレイナの牢屋の扉が開く。
するとそこにグラント・ウォードが現れる。
レイナは動揺するがウォードはおもむろにバックからプレゼントを取り出しクレアボヤントからと渡した。
開けると花柄のドレスが入っていた。
フィル・コールソンはハブでモニターで現状を見ながら指示を出していた。
そこへスカイが現れ残っている拠点の数を伝える。
ハブを含め3つ程しかない事を知らされる。
スカイは弱気になるがコールソンは我々は切り抜けたとして戦いはこれからだと意気込みヒドラを倒すぞとスカイに話すとその場を去った。
キューバのハバナではウォードがレイナを連れてある理髪店に入った。
レイナはここにクレアボヤントがいるの?とウォードに尋ねると座っていたジョン・ギャレットがレイナに挨拶する。
レイナは透視能力のおかげでここまで来れたと話すがギャレットは悪いが能力はないと話す。
レイナはがっかりしギャレットにぺてん師と言うがギャレットは開き直りレイナに計画を見せると言うとレイナを椅子に座らせる。
ヒドラにようこそとギャレットが言うと椅子が下がっていった。
ハブにあるシールドの大型飛行機(バス)にいたレオ・フィッツとジェマ・シモンズとアントワーン・トリプレット(トリップ)は貨物室のタラップを直していたが失敗してフィッツは文句をいいながら去っていった。
司令室にいたコールソンにスカイはキューブは取り戻したと報告し後から来たメリンダ・メイからバスの修理がほぼ終わった事を伝えられる。
そこへ外線で空軍のグレン・タルボット大佐から通信が入る。
上層部にまでヒドラが潜伏していたシールドの事を何かと言われ維持軍をそちらへ送るとして通信が終わる。
コールソンは嘘だとして捕らえられ良くて法廷審問で半年拘束か悪くて審問なしで爆弾をくらうだろうとコールソンはオデッセイ・プロトコルを発動すると言いハブから脱出すると話す。
ハブにいる多くの者は政府に投降するとメイから聞かされ残念がるとバスに乗り込みすぐに脱出しようとする。
貨物室にいたトリップがコールソンに特殊工作員の枠で乗せて欲しいとお願いする。
コールソンはギャレットの部下だったトリップは乗せられないと言うがシモンズがトリップの忠誠心は私が保証するとコールソンにお願いした。
コールソンは機体の状況をフィッツ、シモンズ、トリップから聞くと悪い報告しかなくスカイにいい報告をしてくれと言うがどれも期待値以下の報告で頭を悩ませる。
コールソンは我々のすべての情報を消すようスカイに任せた。
スカイがウォードから連絡があった?とコールソンに聞くとまだ何もないと言いスカイに連絡するよう電話を渡す。
メイがコールソンに目的地はと話すも分からんと去った。
スカイは個人情報を消しながらウォードに電話するとギャレットが脇にいるなかウォードはいつものウォードを演じてスカイと話した。
ギャレットはロマノフより見事だなと褒めるとウォードは心中複雑だと語る。
ウォードはスカイを撃った事を怒っていた。
しかしギャレットは前からムカデを追っていたスカイを消すべきだと考えていた。
ウォードはギャレットに任務はチームに溶け込み蘇生法を探る事だったし血は流さないはずだったと話すがギャレットは予想とは状況が違ったと話し早めに殺せと言うべきだったと言うとウォードはもう遅いと言った。
ギャレットはウォードに任務を忘れるなと言い言い争いは収まった。
ギャレットはムカデ計画のステージ3を終わらせろとレイナに命令する。
ギャレットはコールソンとタヒチに向かった時に見つけた薬を持ち出しておりレイナに渡すと力を貸して欲しいと頼む。
レイナはお金と資産が必要だと話すとギャレットはもう振り込んであると言いウォードは血液と薬の分析結果が入っているシモンズの研究データを渡した。
渡すとギャレットとウォードはフリッジに奇襲を仕掛けてくると言い向かった。
バスは海面をすれすれで飛行しつつコールソンは皆のバッジを集めさせた。
スカイはやっと居場所が出来たのにとなくなったとバッジを置くと人生をシールドに捧げてきたコールソンを励ました。
コールソンはバッジを金庫に入れようとするとコールソンのバッジが光り見てみると座標の様な物が浮かび上がっており司令室に皆を呼び出しカナダの原生林に向かった。
ギャレットのアジトではウォードがレイナと話していた。
レイナは仲間の信頼を得た方法を聞くとウォードはまず潜入の基礎として無私の行動を取れとして科学者を追って上空から飛んだと話し1番の危険人物だったメイとは親密な関係になり未知数のスカイは指導官として観察したと話す。
コールソンの積極的な対応にはチームに入るのを1度断る事で信頼を得たと話す。
レイナはコールソンはいい人だと話すがウォードはコールソンに借りはあるがギャレットは恩人だと言った。
コールソンのオフィスではメイがコールソンに武器の持ち出しを許可して欲しいと頼むとコールソンが訳を聞く。
もしかしたらヒドラによって記憶を埋められた可能性もあるかもしれないと話す。
タヒチの責任者は長官じゃない事を告げるとコールソンが誰が責任者だったんだと話すとメイは知らないと言いコールソンは武器の許可を与えずメイに出ていけと言った。
座標に行く事に反対のトリップとシモンズだったがフィッツはコールソンを信じるべきだとして2人に話した。
フリッジでは屋上からギャレットに手錠をかけウォードがドアの前に立ち2人のエージェントに扉を開けるよう指示するがビクトリア・ハンドが同行していないと開けられないと拒否される。
そこへヘリが現れウォード達に攻撃をしてくる。
ウォードは早く開けろと急かすと1人のエージェントがやむを得ず開ける。
4人はエレベーターに乗り下がるとウォードは2人のエージェントを倒し潜入した。
部下を呼び出し手当たり次第にフリッジにある危険な物や異星の物を運び出させた。
座標の近くに着いたコールソン達は辺りを警戒しつつ向かった。
座標に着くコールソン達だったが辺りに何もなく皆の信頼も失いつつあったがコールソンは絶対に何かあるはずだと声を荒げて話したがその後すまないと皆に謝りバッジを放り投げると突然機銃が現れてバッジを破壊した。
皆は身をすぐに隠すがコールソンはシールドの施設だとして長官を信じて機銃があるなか身をさらけだす。
機銃がコールソンに向くと身元は?と質問されシールドエージェントのコールソンと答えるとお待ちしておりましたと岩からドアが出現した。
ギャレット達はフリッジからアジトに戻るとレイナがシモンズのデータが開けないと言い出しスカイじゃないと開けないようになっていると話す。
コールソン達は中に入るとエージェントが現れプロヴィデンスと呼ばれる長官の秘密基地だと話す。
コールソンはエージェントに誰だと尋ねるとエリック・ケーニグと名乗りフリッジが陥落した事を話すとスカイがウォードに連絡した。
エリックはコールソンに話しがあると2人になりコールソンはいつからここにいるんだと話すとチタウリ襲来後からずっといると話す。
コールソンは話しとは何だ?と聞くとエリックはヒドラは死んだと思ってますが長官は生きていると話す。
スカイから連絡を受け秘密基地にいる事がわかったウォードはギャレットに24時間以内にパスワードを聞き出して来いと言われ仲間は全て始末してこいと指示される。
ギャレットは役作りとしてウォードを殴り完全にシールドのウォードとして仕立て上げ戻した。
ウォードは秘密基地に着くとスカイに迎えられ中に入る。
ギャレットのアジトにイアン・クインが現れギャレットに文句を言った後2度と協力はしないと話すとギャレットは見せたい物があると言いフリッジから持ち出したグラヴィトニウムを見せる。
クインは感謝するとギャレットに言うとギャレットは笑みを浮かべた。

スポンサーリンク


感想
コールソンの長官を信じる所が良かったですね。
よほどの信頼関係がないとあそこまでならないと思うのでコールソンとフューリーの仲が垣間見れました。秘密基地を見つけた時は良かったと思いましたが同時にウォードを通じてギャレット達にもバレてしまったのは残念としか言いようがないですね。
ギャレットとウォードの会話でコールソンのチームに入った本来の任務を聞いたがウォードの演技の上手さに驚かされました。
全ての行動に意味があるというウォードの凄い工作員ぶりが発揮されていたんだなと思うと恐ろしい敵だと思いましたね。
そして秘密基地に戻るウォードを殴り完璧にシールドエージェントであると仕込ませるギャレットの徹底ぶりにも驚きました。
レイナとクインもギャレットの元に集まりさらに強大になるヒドラをコールソン達がどう乗り越えて行くのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください