3話「グラヴィトニウム」

トラックで積載物を運ぶシールドエージェントのマックは突如何者かの襲撃を受けた。
護衛車両が突如吹き飛ばされマックの運転するトラックも宙に浮き落下する。
ショベルカーと謎の組織が積み荷をどかすとシールドによって秘密に搬送されていた人物を連れ去る。
その頃シールドの大型飛行機(バス)ではスカイはグラント・ウォードに指導を受けながら訓練していた。
メリンダ・メイからコロラド飛行場に向かうと通信が入りフィル・コールソンから最高優先度の積み荷が奪われた事を知らされる。
積み荷の人物はカナダ人物理学者で反応速度論の教官ホール博士であった。
敵に狙われるのを防ぐ為定期的に場所を移していた所を襲われた。
襲撃のあったコロラド州スターリングに着いた一同は生きていたマックに話しを聞きルートがバレていた事から内部にスパイがいるとしか考えられないと聞く。
現場を調査していたレオ・フィッツとジェマ・シモンズがおかしな現象を発見しフィッツが何とか停止させると何かの装置の様な物を発見する。
一同はバスに戻り装置の分析とショベルカーの買い手や通信記録などを調べる。
コロラド州バーンルーフポイントでショベルカーを売った人物にコールソンとウォードが聞きに行くと金と交換したとわかる。
金をバスで分析すると青金で純度は92%で不純物から推測するとタンザニアのデイジー鉱山の物で所有者はクイン・ワールドワイドである事がわかる。
化学工業の講義やフォーブス誌に出ているイアン・クインと特定する。
マルタ共和国でクインと拐われたホール博士は顔見知りでクインがホール博士とグラヴィトニウムについて話す。
その頃バスではフィッツが分析によってグラヴィトニウムだと知り希少な高原子番号の元素である事を話す。
グラヴィトニウムは空間を歪ませ不定形の波を作り出す。
動力原の重力場に電気を流すと周囲の重力がおかしくなる事も発見しグラヴィトニウムを研究していた人物こそがホール博士だった。
クインとホール博士はケンブリッジ大学で同窓生である事もわかる。
クインは20年かけて6大陸の12ヵ所の鉱山を掘りグラヴィトニウムを見つけたとホール博士に言うと巨大な重力発生装置を見せホール博士を研究に誘う。
共和国内であり株主総会も行われるとしてうかつに手を出せないと口論する中スカイが潜入すると言い出し スマホで電子招待状を獲得し皆に見せる。
スカイが潜入しコンパクト型の無線中継機を内部に置き周囲に張り巡らされたレーザーフェンスを再起動させ3秒だけ停止させる間に救出班が潜入する作戦を立てる。
潜入したスカイはクインと接触するとクインがそのハッカーとして雇いたいと言い出す。
クインが演説する中スカイはオフィスに忍び込もうとするがクインに発見され仕方なくシールドに聞かれているとペンで紙に書き警告する。
救出班のコールソンとウォードは巡回警備を倒しレーザーフェンスが停止するのを待つ。
クインとオフィスに入ると通信機器を外しシールドに勧誘されたと話し時間を稼ぐとコンパクト型無線中継機が繋がりフィッツがレーザーフェンスを再起動させるとコールソンとウォードが入り潜入に成功する。
ホール博士の元にコールソンが向かいウォードはスカイを救いに向かう。
クインがスカイの役割がわかると銃をスカイに突きつける。
コールソンがホール博士の元に着き脱出するよう言うがホール博士にここにいるのは私の意志だと言われ困惑する。
その頃通信記録を見ていたメイが発信元がホール博士自身だった事を知る。
ホール博士はクインにグラヴィトニウムを見つけられ制御するよりクインもろとも海に沈め廃棄しようと装置を起動させる。
装置によって重力がおかしくなる中装置を止めようとするコールソンをホール博士が銃を突き付けもう無理だと言う。
スカイはウォードと訓練した通りクインから銃を奪うが撃てずに逃走する。
スカイは敵に囲まれ捕まりそうになるがウォードが駆け付け倒しコールソンの元に向かう。
コールソンはホール博士と口論する中銃を奪いとりケーブルを引き抜くが装置は止まらずフィッツ達に聞くと触媒がいると言われる。
ホール博士の自分の命に変えても人類を守るという発言に仕方なく下のガラスを銃で撃ち割りホール博士を重力装置に落としグラヴィトニウムの暴走を止めた。
グラヴィトニウムを極秘に搬送するとメイが現れコールソンの任務が危なっかしいと言い次回から戦闘任務に加わると言うと立ち去る。
スカイがサンドバッグを殴る中ウォードが訓練に付き合う。
グラヴィトニウムが厳重な保管庫に入れられるとグラヴィトニウムからホール博士の手が伸びる。

スポンサーリンク


感想
まず始めに車が吹き飛んだり浮き上がったり何が起きたんだと驚いたけどそれが装置によって起こった事だと解明されていく所が楽しかった。
あとはスカイの潜入任務やコールソンとウォードが救出に向かう所も良かったのです。
グラヴィトニウムによって重力がおかしくなっているのもおもしろいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください