ブラックパンサー公開3日目見てきました!

待ちに待ったマーベル映画のブラックパンサーが3月1日(木曜日)に公開になりました!
見たいと思いつつも近くの劇場が何故か字幕が早い時間と夕方辺りの時間しかなくて仕事終わりにも行けないまま今日3月3日に行きました。
自分は字幕しか見ないのでね笑
やっぱその本人の声で楽しみたいじゃないか!
あと英語で喋ってる方がカッコいいんだなこれが!
って事で劇場に朝一から向かいました。
今日は朝にも関わらずなかなか人が多かったですね。
さてグッツコーナーに向かうとブラックパンサーグッツが結構置いてありました。
パンフレット、ペン、メモ帳、下敷き、クリアファイル、マグカップ、ぬいぐるみ、ボトルキャップ、キーホルダーといろいろありました。
自分はとりあえずパンフレット、下敷き、キーホルダー、マグカップを購入しました。

パンフレットは第1弾のムビチケカードと同じデザインで光沢のある表紙でした。
下敷きは角度を変えると絵が変わる下敷きでカッコいいです。

マグカップはブラックパンサーの人形がついているフタも付属します。
マグカップの絵柄もカッコよくて気に入りました。
しかもフタにメード イン ワカンダと表示されてるのも面白いなと思いました笑
キーホルダーはブラックパンサーのマスクで金属なのでずっしりした重みがありデザインも好きですね。
それでは映画の本編はというと面白かったです。
内容はブラックパンサーことティ・チャラの故郷ワカンダが舞台です。
なので壮大なスケール感はありませんでした。
世界には発展途上国と思わせて実はどの国よりも発達した技術を持つ国って事でちょっと変わっていて見てて楽しかったです。
やはり原始的な掟や服装や部族がありつつ生活は近未来な都市で生活しているというギャップが魅かれました。
王になる為に他の部族との決闘をするにしても一旦ブラックパンサーとしての能力を失いさせ普通の人間として挑む所も掟とか部族らしい風習でしたね。
部族間の問題もありつつ尚且つ敵として登場するクロウやキルモンガーとの戦闘何かも迫力があって面白かった。
まず武器が原始的なヤリなんだけど最先端の武器っていうギャップがそこらじゅうにあるし銃を扱う敵に原始的な武器と言う所も面白かったです。
敵のキルモンガーですが憎めない敵でした。
詳しくは言えませんが過去にあった事がきっかけで歪んでしまったという事で完全なる悪党って感じはしませんでした。
音楽も部族の音楽をテーマにしたような物が流れていて合ってました。
やはり総合的にギャップが今回の見所のような気がしますね。
ブラックパンサーの身体能力による戦闘も最新鋭の武器や兵器なんかも見所です。
ちなみにエンドロール後にも次に繋がる映像があるので要チェック!
まだ公開したてなので是非皆さんもギャップあるワカンダの世界に引き込まれ楽しんで見てね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください