アベンジャーズ「エンドゲーム」公開初日見てきました!

今日4月26日はアベンジャーズエンドゲームの公開日です!

仕事終わって動画録ってからすぐに劇場に行きました!

劇場に着くと人がいっぱいで席も満席状態!笑

さすが最後のアベンジャーズなだけはある!

とりあえずグッズコーナーに行くと沢山あって選ぶのに時間がかかった笑

パンフレット2種とピンバッジセットと3Dポスターとミニクリアファイルセットを購入しました。

パンフレットは通常版と特別版があってまずは通常版は表面がきらめきがある仕様です。

裏はアベンジャーズのAが載ってるデザインです。

特別版はきらめきの無い通常版と同様の表紙に外装がついてる仕様で中身もキャラアートとおまけにシールが付いています。

お次はピンバッジセットで前のインフィニティ・ウォーの時にも買ったので記念に買いました。

3Dポスターは何か格好良くて欲しくなるんですよね笑

あとはミニクリアファイルで3種類あるなかアイアンマンとサノスとハルクとホークアイセットを購入しました!

そして入場特典のクーナッツをゲットしました!

さて映画の感想はギャグ要素満載のアクション要素満載の面白い作品でした。

まず始めはシリアスな感じで始まるがサノスとの出来事が終わるとギャグ要素の強い映画に早変わりします笑

特にソーの扱いがギャグそのもので前までのシリアスさは一切無くなります笑

そして最後はまたシリアスになり終わるって感じですかね。

シリアスからギャグからシリアスって感じの展開でした。

ちなみにアクションは相当良くて最後のサノスとの戦いは感動した!

特に注目すべきはキャプテン・アメリカ!

言えませんが何といってもソーのあれを使ってのシーンは格好良かった!

そしてサノスも格好良かった!

武器を持っての攻撃やパワフルなアクションはどれをとっても言う事なしの出来でした。

最後はトニーの決死の行動とキャプテン・アメリカの最後がとても印象に残り良い終わり方をしました!

皆さんもアベンジャーズの最後の決戦を是非劇場で楽しんで下さい!

シャザム公開2日目見てきました!

逆コナンと言われているシャザム見てきました。

シャザムというけど本当は原作ではキャプテン・マーベルという名前なんだよね笑

ウィズコミックスから出たキャプテン・マーベルはDCのスーパーマンのコピー作品として訴えられており後にDCが版権を持ちます。

ただマーベルコミックがのマーベルを商標登録した為にキャプテン・マーベルの使用をやめてシャザムに名前を変えたという話しです。

ちなみにSHAZAMは古代の神々や英雄の名前の頭文字を繋げたものでソロモン、ヘラクレス、アトラス、ゼウス、アキレス、マーキュリーです。

とりあえずシャザムの紹介はその辺として劇場グッズだ!

あんまりなかったです笑

あったのはパンフレットと下敷きとファイルでパンフレットだけ購入しました。

表はシャザムが載ってるデザインで裏はシンボルマークの稲妻でした。

さて映画の感想はおもしろかったですね。

大人の姿でも子供なので何をするにも新鮮で大はしゃぎしたり調子に乗ってしまって失敗したり終始楽しい事が起こります。

戦闘やアクションは申し分ない位スーパーマンでした笑

ただし目からビームは出ませんけどね笑

ヴィランのサデウス・シヴァナもかなり強くて良い感じでしたね。

あとは主人公ビリーの家族事情や仲間との絆も見所ですかね。

最後やエンドロール後にはスーパーマンやアクアマン等の絡みネタもあるのでお見逃しなく!

とりあえず楽しい映画なので是非劇場で見て下さい!

キャプテン・マーベル公開2日目見てきました!

今日は待ちに待ったキャプテン・マーベルを見てきました!

劇場はそこそこ賑わってましたね!

グッズコーナーに行くと1コーナーにキャプテン・マーベルグッズがあってアクリル系のグッズとステッカー、クリアファイル、下敷き、メダルキーホルダー、メモ帳等がありました。

自分が購入したのはパンフレット、ミニクリアファイルセット、下敷き、メダルキーホルダーです。

まずはパンフレットからキャプテン・マーベルことキャロル・ダンバースが堂々と載ってて良いですね。

次はメタルキーホルダーでキャプテン・マーベルのロゴがメダル状になったキーホルダーでつい手にとってしまいました笑

下敷きもキャロルが載ってるデザインです。

ミニクリアファイルは三種類のデザインが入っていてキャロルとフューリーとスター・フォースです。

さて映画の感想はいつも通り面白いです!

昔のフューリーとコールソンを見れるのは良かったです。

コールソンの出番はそんなになかったですけどアベンジャーズ以来の映画出演で嬉しかったです。

まあ自分はドラマのエージェントオブシールドで沢山見てますけどね笑

そこよりもフューリーの違った一面が見れた所が良かった!

現代のフューリーはシリアスなイメージが強かったけど昔のフューリーは穏やかで陽気な人で良い味だしてました。

ブリー・ラーソン演じるキャロルもかなり良かったです。

何処が良かと言うと可愛いとキレイの間で尚且つアクションも華麗にこなして格好良かった!

あとはネコのグースも良い役割があってというかネコではなかったけど笑

スター・フォースの面々も各々使う武器が違っていてアクションが楽しかったし敵ではなかったんだけどスクラルも色んな人に変身するのも楽しかったです。

過去の記憶で敵だった相手と味方だと思っていた相手が変わっていくストーリーも面白かったです。

キャロルとフューリーの仲良さそうなシーンと絆みたいな物が自分の中では凄く良かった。

ただなんだかんだで一番思ったのは覚醒したキャロルが滅茶苦茶強いって事でした笑

エンドロール後は前のインフィニティ・ウォーでフューリーがキャロルにSOS送ったデバイスで現代のキャロルがチームの前に現れるって所で終わりましたね。

4月26日のエンドゲームが早く見たくてしょうがなくなる作品でした。

皆さんも最強のヒーロー!キャロル・ダンバースの力!魅力!是非劇場で見て下さい!

スパイダーマン:スパイダーバース公開2日目見てきました!

スパイダーマンのアニメーション作品となるスパイダーマン:バースを今日3月9日に来てきました。

あまりアニメーション作品のスパイダーマンは見た事が無かったんですが、どのような楽しい作品なのか気になっていました。

劇場に行くと結構人がいて賑わってました。

さてグッズコーナーに行くと1コーナーにスパイダーマン:スパイダーバースのグッズがありましたがアクリルスタンドとかステッカーが多くて気になる物が無かったのでパンフレットだけ購入しました。

表紙は今回の主人公である新たなスパイダーマンのマイルズが載っています。

裏はスプレーで描かれたスパイダーマンの模様でした。

入場したら特典としてマイルズとピーターのポストカード貰いました。

さて映画の感想は実写の方が好みだけど自分の中では面白い作品だったと思いました。

まず最初に思った事は面白さよりオレシャレでカッコいい作品だと思いました。

絵が特徴的でキレイで曲との相性も良くシャレてる感じですかね。

その上ストーリーのテンポも良くて良かったと思います。

ストーリーの内容を簡単に言うと敵の親玉のキングピンが別次元にいる妻と息子に会う為に超危険な時空の扉を開く装置を作って作動させスパイダーマンが阻止しようとするも失敗し亡くなります。

そしてその前にスーパースパイダーに噛まれたマイルズがたまたま出くわし阻止するのを託されます。。

そして、時空が一度開いた事により別次元から色んなスパイダーマンがマイルズの世界に飛ばされ一緒に協力してキングピンを止めるって話しです。

ストーリーもわかり易く別次元のダメなピーター・パーカーやスパイダーウーマンのグウェンや他にも3人程現れ色んなスパイダーマンが見れるのでそこも面白いさの一つでした。

アクションもスピーディーで迫力ある仕上がりになっているのでそこも注目です。

マルチバースのスパイダーマンが手を取り合って悪を倒す今までに見た事ない作品なので是非皆さんも劇場で楽しんで下さい。

アリータ:バトル・エンジェル公開2日目見てきました!

2月22日に公開したアリータ:バトル・エンジェルを土曜日に見てきました!

今回のアリータ:バトル・エンジェルは日本のSFコミック銃夢を映像化したもので正直自分は原作見た事ないですけど何か惹かれる物がありました!

予告だけでも面白さが伝わってきたし自分はアクション・SFが好きってのもあって絶対に見ようと思ってました。

劇場に行ってグッズコーナー行ってもグッズ売ってなかったです笑

パンフレットは売っていたので購入しました!


表紙はポスターと同じような仕様で裏は空中都市ザレムでした。

映画の感想は流石ジェームズ・キャメロン監督!っと思ってしまう程完成度は高くストーリーやアクションも申し分ない出来でした。

初め予告で見るアリータは目がでかくて違和感がある感じでしたけど映画を見るにつれて慣れてきて全く違和感なくて良かったです。

目がでかくなかったのは日本のアニメを忠実に再現する事と目が心の窓というジェームズ・キャメロン監督のこだわりで結果自分は良かったと思います。

あとアリータを演じたロサ・サラザールも目が大きめでCGは使ってますけど何となく似てる気がしました。

アリータ:バトル・エンジェルってタイトル通りバトルが最高にクールでかっこ良く尚且つ顔が可愛く見えてきて格好可愛いような感じですかね。

アリータ独特な魅力が発揮されるような気がしました。

上映時間は2時間22分もあるのに、あっという間に終わったと感じてしまいました。

楽しい事は直ぐに時間が経つと言うけど、正にそれでしたね笑

ただ自分は今回で完結する物だと思って見ていたので途中で終わってしまい、えっ!終わんの?って心の中で思ってました笑

あんまり下調べせずに見に行ったので変な所で驚きました笑

だが楽しみがまた増えたので次回作が待ち遠しいです。

自分は原作を見てなくてもかなり楽しめたんですが原作のコミックも読んで見たくなりました。

皆さんも是非日本が誇るSFコミックが最高でクールに進化した映像作品を堪能してください!

アクアマン公開2日目見てきました!

公開はアクアマン2月8日金曜だったのですが今日土曜日に見に行ってきました。

土曜だったけどそこまで人はいなかったですね。

グッズコーナーに行くとマグカップ、パンフレット、クリアファイル、下敷き、ステッカー、ペーパーナイフ、キーホルダーがありました。

まあいつも通りのラインナップですけどね笑

とりあえずトライデント型ペーパーナイフが気に入ったので購入してパンフレットももちろん!

あと映画見た後に下敷きとクリアファイルも購入してしまいました笑

何故かと言うと映画が面白かったのと感動して何故か欲しくなってしまったという笑

それぐらい今回のアクアマンは完成度が高かったです。

とりあえずパンフレットから紹介します。

表紙はアクアマンが堂々と載っててカッコいいです。

ペーパーナイフはトライデント型という事で気に入っています。

前のバットラング型ペーパーナイフに次いで2個目ですね笑

次は下敷きこれもアクアマンが載っておる。

次がクリアファイルで2種類あったけど下敷きと同じのにしました。

映画の感想は凄く面白かった!

物凄くストーリーの展開と内容が良くて感動もあり、アクションも申し分ないという自分の中では今までのシリーズの中で一番と言って良い程の出来だった!

まずジェイソン・モモア演じるアーサー(アクアマン)がワイルドでカッコいい、アンバー・ハード演じるメラがカッコ可愛い、パトリック・ウィルソン演じるオーム(オーシャンマスター)が気品があってカッコいい、ニコール・キッドマン演じる王女アトランナ(母)とトーマス(父)との感動、復讐に燃えるブラックマンタの登場と色々と良い!!!笑

まず海の底にある都市が神秘的でキレイでまるで宇宙都市のような感じで良かったし海中での戦闘シーンも海の生き物も合わせての戦闘だから今までのシリーズにない大規模なバトルで楽しい!!!

そしてアーサーが王となるまでのストーリー展開が良く最後の伝説のトライデントを持った瞬間心が震えた笑 そしてアーサーの快進撃!!!

オームとアーサーの対決!

さらにそこで昔バルコ(アトランティスの参謀でアーサーに色々教えた人)に教わった技を繰り出し見事な勝利を納める!

最高ですな!!!

最後は感動もあり次回の伏線もありと最後まで十分過ぎる程楽しませて貰いました!

皆さんも海の王アーサー・カリー誕生の話、王になるまでの激闘、父と母の絆を劇場で是非見てください!!!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生公開2日目見てきました!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生が23日公開になりましたね。
自分は今日は24日の昼から見てきました!
劇場は公開2日目なだけあって賑わってました。
そしてグッズコーナーに行く!
前回の魔法使いの旅のパンフレットも置いてあったしクリアファイルが6種類位と色んなグッズが置いてあったけどパンフレットだけ購入しました。
前作の魔法使いの旅のパンフレットは買ってなかったので今回のと一緒に購入しました。

これは前の魔法使いの旅のパンフレットです。

前回の表紙とは違ってクールなデザインですね。

それとシネマイレージカードに数量限定デザインとして黒い魔法使いの誕生バージョンがあったので購入しました。
あとは前売り券の第2弾特典のニフラーふわふわコインポーチも貰ってました。
さて映画の感想ですけど全体的に面白かったけど所どころカメラ位置が気になってしまった。
最初とかカメラ近すぎないかと思う位喋る人に寄っていたのが気になりました。
そこだけだったかもしれないけど笑
ただ自分は前作の方が作品としては良かったような気がしたんですよね。
あのニュート、ティナ、クイニー、ジェイコブの4人の絡みが好きでした。
クイニーのキュートさとジェイコブの人の良さが特に見ていて良かったけど今回は逆で皆バラバラな感じだった!というかバラバラだった!
前の作品はほのぼのとしていたが今回はちょっとシリアスな感じになっていました。
グリンデルバルドが捕らえられていたが脱走から一気にシリアスな感じになっちゃいましたね。
クリーデンスも生きていたし。
ただ若い時のダンブルドアが出て来てホグワーツも登場とハリーポッター要素を随所に挟み込んでいたのは良かったですね。
魔法によるアクションも楽しかったし新たな魔法動物も登場し活躍するのは良かったです。
ただ最後はちょっと残念な事があるんだよな~。
そしてグリンデルバルドの魔術とニュートらとの防衛術は迫力がありました。
ダンブルドアとグリンデルバルドとの決闘が今後進展していくんだなという所で終わりでしたね。
残念な所もあったけどハリーポッターシリーズは何だかんだ楽しい作品ですね。
皆さんも是非劇場で魔法の世界を楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク


GODZILLA「星を喰らう者」公開2日目見てきました!

11月9日に公開されたアニゴジ最終章GODZILLA「星を喰らう者」を土曜に見てきました。
劇場は結構人で賑わってましたね。
とりあえずグッズを見ると前にもあったアクリルジオラマ、マスコットチャーム、クリアファイル、タペストリー、マグカップとあって自分はアクリルジオラマ、マスコットチャーム、マグカップ、パンフレットを購入しました。

表紙は煌めいていて格好いいデザインですね。
裏はタイトルのみでした。

次はアクリルジオラマとマスコットチャームでジオラマは前の色違いなだけです笑
マスコットチャームもジオラマのをチャームにしただけですね笑

次はマグカップでギドラとゴジラが描かれた物です。
あとはこれは当日ではないのですが劇場前売り券の第2弾がガンダムとのコラボだったので購入しておきました。

左がガンダムの前売り特典で右がゴジラの前売り特典第2弾です。
ガンダムとのコラボって珍しかったので良いですね。

裏はタイトルが上か下かの違いだけでした。
あともう1つ紹介するのがGODZILLAの主題歌でXAIのCDです。

Amazon限定でデカジャケが付いてきました。
文字通りデカイジャケットです笑
あとGODZILLA「星を喰らう者」なんですが入場特典があって4週に渡って違う特典が用意されるんです。
初日に見に行ってないので貰えるのか不安ながら入場すると案の定貰えなかったです泣
それなら違う週に見に行った方が良かったじゃないか!と思いながら入場しました笑
まあもう1枚前売り券持ってるからどの週かの特典は貰うつもりですが。
さて長くなりましたが映画の感想は面白かったけど普通の怪獣対怪獣じゃなかったです笑
それを言ったら前のメカゴジラシティも同じだけどね笑
何かアメゴジって普通に怪獣を登場させない!
ゴジラ対怪獣というか異星人的な感じになってるよね。
前回はゴジラ対ビルサルドのメカゴジラシティ!
今回はゴジラ対エクシフのギドラ!みたいな!
一応高次元怪獣だから確かに高次元な怪獣だったよ!
登場した時は凄い登場の仕方だなーと思いました。
見所の1つではありました。
ただ怪獣どうこうより結局は違う種族みんなが自分達の考えを押し通して行動してしまう結果になっちゃったね。
メトフィウスは良き理解者と思っていたが今回からガラッと本性が出てきて今までのは何やったんやと思ってしまったけどメトフィウスの考えも一理あったんだよな。
詳しくは言えないけど最後にはメトフィウスの考えが結局続いていく事になったしハルオも自分達みたいな人間は居なくなった方が良いと身を投げ捨て散ったがフツアの民が次にそうなっていくんだろうなってハッピーエンドではなかったですね。
ゴジラとの対決というかハルオが人間らしくいられるかっていう自分自身との対決だったようにも感じとれました。
各々見て感じる事は違うと思いますが皆さんも是非劇場で最終章のGODZILLA「星を喰らう者」見て下さい。

スポンサーリンク


ヴェノム公開初日見てきました!

今日11月2日は待ちに待ったヴェノム公開日という事で仕事終わりから夜即効で劇場に向かいました!
初日という事で夜だけど劇場はまずまずの人でしたね。
まずはグッズコーナーに向かうのはお決まりなのでGo!
結構ヴェノムグッズ多めでコインケースやら下敷き、クリアファイル、メモ帳、キーホルダー、ピンズ、マウスパッドとかありました。
自分はパンフレットとクリアファイルを購入しました。

まずはパンフレットで表はヴェノムが大きな口を開けておる迫力のあるデザイン!さらにキラキラしております。

裏もヴェノムで特徴的な目と口のみのデザインですね。格好よろしい!

クリアファイルは色々あったけどこれが一番デザイン好きだったので買いました!
さて映画の方は最高でしたね笑
まずヴェノムが主人公って所で既に面白いでしょう!
一応予告とかで見てた時は結構残虐で暗い感じなのかな~と思っていたらそうでも無く楽しい感じの作品になっておりました。
エディとヴェノムとのやりとりが面白かったですね。
エディのキャラも何というか好感が持てました最初は何事も上手くいっていたのに一つの事で全てが台無しになって惨めで負け犬のようになっていく様をトム・ハーディーさんが上手く演じられていて良かったです。
原作とは違うけど今回のシンビオートにも負け犬や優秀な奴がいて優秀でシンビオートの隊長ライオットが今回の最大の敵でした。
そして負け犬のシンビオートがヴェノムで宿主のエディも負け犬という事で相性が良く宿主によっては力が変わってくるような設定でした。
最後にはヴェノムが恐れるほどの強さのライオットにも立ち向かえたのはエディという強い宿主があったのとエディとヴェノム俺たち2人で戦うという互いの気持ちが通常以上のパワーを生んだんだと思いました。
敵のライオットも手を刃物に変えたりトゲを発射したりと強くてバトルは激しく楽しかったです。
そしてエンドロール後にはエディとヴェノムの次の敵となるであろう完全な悪の大虐殺が!
その後もエンドロールに2019年公開予定のスパイダーマンバースの特別映像が入りましたので要チェックです。
残忍な中にも何処かコミカルなヴェノム公開したてなので是非劇場で楽しんで下さい!

スポンサーリンク


スカイスクレイパー公開3日目見てきました!

公開日は9月21日なんですが今日の昼からスカイスクレイパーを見てきました!
3連休なので人が一杯かな~と思ったらそうでもなかったです。
グッズコーナーに向かいパンフレットを購入しました。

今回の主人公ウィルが必死でタワーにしがみついているスリリングなデザインで良いですね。

裏もタワーと景色となっております。
さて映画の内容はと言うとおもしろいです。
王道なアクション映画といった感じでしょうか。
まず今回のウィル役のドウェインさんは期待を裏切らない良い感じのアクションを見せてくれます。
GIジョー、ヘラクレス、ワイルドスピード、セントラルインテリジェンス、ジュマンジやら色々なアクションをやってきておりますが全部見たけどおもしろかったもんな~笑
まずあのガタイでパワフルなアクションは彼でなくては出来ないでしょう笑
簡単に内容を説明すると今回は中国の超高層タワーザ・パールが舞台となっています。
主人公のウィルはFBI人質救出部隊のリーダーだったが事件での判断ミスにより片足が義足になりさらに心に傷を抱え引退!
その後は家族とともにザ・パールに住みながらビルのセキュリティシステムを調査する仕事に就いていたがテロリストの襲撃によって突如ザ・パールで大規模な火災が発生!
タワーの外に出ていたウィルは取り残された家族がいる居住フロアにも炎が迫る中無謀にも助けに戻る!
管理責任者というのもあって今回の火災の件で警察に追われながら必死でタワーに戻りテロリストも相手にし救出に奮闘するというものです。
見所として超高層タワーの壁にしがみついたり工夫してタワーの縁を移動してと一歩間違えば転落死するギリギリの救出劇ですかね。
今回のドウェインさんのアクションは体を使うのは勿論ですがシステム管理責任者という事もあって頭も使って苦難を乗り越えていく所が良かったですかね。
超高層、超豪華、超安全なタワーに起こる超危険な出来事を皆さんも是非劇場で見てみて下さい!

スポンサーリンク