レディ・プレイヤー1公開2日目見てきました!

公開は4月20日でしたが次の日の今日21日に見てきました。
劇場は結構賑わってましたね。
早速グッツコーナーに向かったんですが全然グッツが無くてパンフレットと何か本らしき物しか見当たらなかったです笑
なのでパンフレットだけ購入しました。

表紙には色んなキャラクターが沢山描かれていて良いですね。
さて映画の感想はと言うと色んなキャラが出てくる訳なんですが出るのは少しずつって感じでしたね。
ざっくり内容を説明するとゲームの創設者ハリデーが作ったVR世界オアシスの権利を巡って大手企業と主人公ウェイド率いる仲間達と現実世界とVR世界を行き来して奮闘し権利の証であるイースターエッグを手にして救う話しですね。
この作品では現実世界よりVR世界に没頭する人達ばかりが登場します。
ウェイドもその中で1人でVR世界でイースターエッグを手にして貧乏人から抜け出そうとします。
ウェイドの仲間であるエイチとダイトウ、ショウ、アルテミスもVR世界でのみの関係で現実世界では誰か分からない人ばかりなのですが物語が進んで行く内に現実世界でも初対面にも関わらず団結して大手企業と戦います。
VR世界で戦うシーンでは数え切れない程の色んなキャラクターが登場して今回の目玉でもあるガンダムやメカゴジラ、タートルズ、デロリアン、キングコング、アイアンジャイアント、その他にも有名な作品のキャラが多数バトルで活躍します。
ただ有名なキャラクターが見所ではあるんですが現実世界の主人公達の物語にも見所が沢山あります。
ゲーム内での恋や友情が現実世界でも成り立つ所ですかね。
今回の作品の重要なメッセージだと思うんですけど最後にはVR世界に没頭していたウェイドが現実世界が一番大事なんだと言う事に気付かされゲームの権利を得たウェイドはオアシスに休みを設けて現実に向き合う時間を作って終わりました。
作品は未来的な要素はありつつも現在でもVRがあるので現実にこうなるのも遠くない話しかもしれません。
現実の将来のVR体験を是非一足先に劇場で体験してみて下さい。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください