PS4!北斗が如く!

2018年発売予定とまだ先になりますが北斗の拳と龍が如くのコラボ作品となる北斗が如くが発売されますね。
本作は北斗の拳を龍が如くスタジオの手によってオリジナルストーリーとして描かれたアクション・アドベンチャーとなっています。
ケンシロウの声は桐生一馬でお馴染みの黒田崇矢となっておりまた一味違ったケンシロウになりそうですね。
肝心のストーリーについては最終戦争の業火によりあらゆる生命体は滅びたかに見えた。
しかし人類は死滅していなかった。
すべての文明が吹き飛ばされ何も生み出されない時代が到来し強き者がわずかに残された食糧や資源を奪い合う暴力が支配する世界となっていた。
ここまでは本来の北斗の拳と一緒です。
そんな世界の片隅に奇跡の街と呼ばれる場所があった。
街の名はエデンと呼ばれエデンは街を見下ろす巨大なドーム型の旧世界の遺物スフィア・シティから水や電気が無尽蔵にもたらされており恩恵で歓楽街まで備えていた。
エデンの民はこの時代では考えられない豊かな暮らしを送っており奇跡としか言いようのない街だった。
ある日放浪の末にひとりの男がエデンへたどり着く。
その男の名はケンシロウ。
彼は一子相伝の暗殺拳である北斗神拳の伝承者であった。
無敵の拳を体得したこの男は暴力が支配するこの時代の寵児にも思えた。
だがケンシロウの胸中は絶望に満ち生きる希望はたったひとつしかなかった。
ケンシロウの唯一の希望それは死んだと思っていた最愛の婚約者・ユリアがエデンで生きているという噂だった。
しかしケンシロウの僅かな希望も虚しく訪れた街は城門を固く閉ざし外からの人間を拒絶し続ける街だった。
何としてもエデンに入りたいケンシロウは果たしてどうするのか?
そしてユリアを追い求めた先にケンシロウに待つ運命とは?
謎に満ちた街を舞台に愛を追いかけるケンシロウのもうひとつの救世主伝説が幕を開ける。
神室町の舞台がエデンと呼ばれる街になっていてなかなかおもしろそうですね。
北斗の拳の話しではシンに7つの傷を付けられた後の話しのようです。
戦闘でも北斗神拳を使うケンシロウが敵を容赦なく倒していき龍が如くでもお馴染みの迫力のある戦闘を再現していますね。
繁華街もあるという事なので神室町と同じようにいろんなサブクエストなんかもありそうだし街にいる人々との人間関係など人間ドラマも龍が如くと同じように充実していそうですね。
登場するキャラクターにはケンシロウの他にユリア、シン、キサナ、ジャグレ、凶王と原作でお馴染みのキャラクターもいればオリジナルのキャラクターも多数登場するようです。
キサナ、ジャグレ、凶王は本作のオリジナルキャラクターなのでどのような活躍をするのか期待しています。
龍が如くが贈る最高の北斗の拳の世界をケンシロウとなって生き抜きましょう!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください