PS4!NINTENDO SWITCH!ロストスフィア!

2017年10月12日にスクウェア・エニックスからロストスフィアが発売されます。
クロノ・トリガーの昔懐かしい伝統的なRPGをベースに現代要素を融合させたネオ・トラディショナルRPGとして登場!
バトルはフィールド上のモンスターに近付くとシームレスに突入する。
バトルは昔ながらのコマンド選択により行い戦況を見つつ慎重な行動が出来ます。
あとは刹那システムという物があってボタンをタイミング良く押すと追加効果が得られたりします。
バトル中は移動する事が出来るので貫通攻撃や魔法等で攻撃する際モンスターの並びを考え移動したあと攻撃して2体攻撃したり魔法による範囲攻撃の時はモンスターから離れたりと移動による戦略も重要になってきます。
そして個人的に1番気になっている機装という兵器でロボットの様な感じでそれに搭乗する事で搭乗者の身体能力を高めてくれるだけではなく個々の機装にパラダイスドライブという機能があり戦場においてかなりの活躍をするようです。
機装は戦闘だけでなくフィールド上でも障害物を破壊したり出来ます。
あとはブーストする事によってモンスターを回避しつつ進めたりもします。
ただメリットだけではなくてエネルギーゲージがあり搭乗して行動する度に消費してしまい0になると強制的に降ろされてしまうので使い所を見て搭乗するようにしましょう。
エネルギーゲージは宿屋で泊まる事で回復する事が出来るみたいなので町に着く度に泊まるのもありかもしれませんね。
こうゆうロボットに乗れたりするRPGって他にも沢山ありますが個人的にかなり好きですね。
肝心のストーリーとはいいますと記憶で作られた世界を冒険します。
それは昔の記憶や現在の記憶等さまざまな記憶によって世界が構築されています。
そんな世界がロスト現象と呼ばれる現象によって昨日まであった町や場所が白く霧のように消えてしまうという事が起こります。
そうなってしまった現象は人の力ではどうする事も出来ずいつの時代であっても変わらない理だった。
そんな中記憶の力を使う1人の少年が現れる。
名前はカナタでこの物語の主人公です。
この少年が現れた事は世界にとって希望なのか?はたまた絶望なのか?はわからないがカナタの記憶を巡る旅が世界に影響を及ぼすのは明確だった。
ストーリーとしてはこんな感じです。
なかなかおもしろそうなストーリーですね。
記憶で出来た世界を冒険してロストした世界をカナタの力で元に戻したりして世界を救うのかもしれませんね。
限定特典としてオリジナル・ダイナミック・テーマ「LOST SPHEAR 帝都の憂鬱」とゲーム収録楽曲「交易の街マローハのテーマ」とゲーム収録楽曲「帝国首都ワットのテーマ」が付きます。
皆さんも失った記憶を記憶の力で救う壮大な冒険を歩みましょう!
PS4版はこちら↓↓

ロストスフィア PS4版

価格:5,324円
(2017/8/9 21:31時点)
感想(0件)


NINTENDO SWITCH版はこちら↓↓

ロストスフィア Nintendo Switch版

価格:5,637円
(2017/8/9 21:32時点)
感想(0件)

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください